冷暖自知とは 視覚、嗅覚など五感で体感することの大切さ 禅の言葉から

 冷暖自知(れいだんじち)は、我々には五感が備わっていることを改めて教えてくれる禅の言葉です。冷(苦しいこと)も暖(楽しいこと)も経験しなければわからない。どちらも、特に、苦しいことも受け入れることで強く生きていこうということです。

 禅寺住職で、庭園デザイナーも務める枡野俊明さんの著書「おだやかに、シンプルに生きる」を読むと、冷暖自知という禅の言葉の意味がよくわかります。

 「『人の水を飲みて冷暖自知するがごとし」(人は自分で水を飲んで、初めて冷たい熱いを知る)――。これが元来の意味です。何事も、頭で考えているだけでは真実はわからない、自らの身体と心で経験することこそが大事だ、ということです」

 枡野さんはこう書いたうえで、人間には、視覚・嗅覚・聴覚・味覚・触覚の五感が与えられていることを指摘しています。

 「この五感を駆使して、自らの力で体感することです。道端に咲く花の匂いを嗅ぎ、木々の間をくぐり抜けてきた風の音を聞く。石の方さを手で味わい、真っ青な空を眺める。時には暴風に耐え、自然への畏敬を感じ取る。そうすることで、人は自分が確かに生きているという実感を得ることができます」

 五感を澄まして、日々を生きる。そして、冷、つまり、悲しみや苦しみも受け止めることで、心も強くなる。そんな大切さを教えてくれます。

スポンサードリンク

おだやかに、シンプルに生きる (PHP文庫)

新品価格
¥682から
(2019/12/5 07:53時点)

 作家の椎名誠さんも、世界へ旅に出て、五感で旅を体感することを語っています(2015年10月4日の読売新聞、「旅で五感の価値を知る」の見出しの記事)。椎名さんはこの記事の中で、嗅覚に、もう少し配慮したらどうかと提案しています。

 「インターネットやテレビ(旅)番組では絶対に分からないものがある。それはにおいなんですよ」

 「インドに行くとカレーの香りがするかと思ったら、そうじゃなくてね、濃厚な甘い花の匂いがするんです。モンゴルは乳とチーズ。アフリカなら動物のフンや枯れ葉。韓国はニンニクですね」

 「そこで自分の五感というものの価値を知る。体の感覚が研ぎ澄まされる。行かなければ鈍磨していく」

 旅と言うと、まずは、視覚でしょう。文化や習慣、歴史、政治情勢などが異なる外国へ行くと、その風景の違いが目に飛び込んできます。

 しかし、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などにも気を配ると、訪れた国を一層、深く感じることができます。

 たとえば、椎名さんが指摘している嗅覚でいうと、私も、約30年前、フランスに行った時は、パリのシャルルドゴール空港に降りると、香水の香りを感じ、ファッションの国に来たことを体感しました。また、インドに駐在した時は、椎名さんとは違いますが、カレーの香辛料の匂いが強烈でした。

 イスラム圏の国々では、お香の香りがしました。ベルギーは、「フリッツ」と言われるポテトフライが印象的でした。プーンとした揚げたての香りを感じながら、ケチャップやマヨネーズをかけて、大きく短冊状に切った「フリッツ」を食べたものです。

 キューバは、「モヒート」で知られるラム酒のにおいでした。

 五感で体感した思い出はいつまでも印象に残ります。

 訪れる国、訪れる時期によって、視覚や嗅覚、聴覚、触覚、味覚による旅の思い出は変わってくるでしょう。

 旅に出る。旅を五感で体感すれば、旅の楽しさは一層、増します。

スポンサードリンク