お守りの有効期限、処分方法は? お守り事情を神社や寺院に聞く!

 神社や寺院などで授かる大切なお守りに、有効期限はあるのでしょうか。それとも、ないのでしょうか。また、神様の代わりとなるお守りはどう処分したらいいのでしょうか。こんな疑問を感じる方も多いのではないかと思います。

 そんなお守り事情を神社や寺院に聞いて調べてみました。

お守りの有効期限は?

 神社や寺院によると、お守りの有効期限に関しては、明確な決まりはありません。個人や家族、あるいは、会社などの事情に応じて、有効期限を決めればいいでしょう。

 まずは、常に、お守りを大切にするという意識を持ち続けることが重要になります。

有効期限は、1年

 なかでも多いのは、1年を区切りに、お守りを買い替えることです。新年を迎えて、神社や寺院に初詣に出かけ、古いお守りを新しいお守りにします。旧年、自分や家族を守ってくれたことに感謝し、新しい運を求めることになります。

 新年がどうぞ、良い年になりますように――という願いが込められます。目標や希望を新しいお守りに込めれば、いい新年を迎えることができます。

 交通安全の祈願なども、1年ごとに、安全を祈って、新しいものに替えればいいでしょう。

目標などが成就されたら

  • 合格祈願なら、合格が決まったら、
  • 安産祈願なら、健やかな子供が生まれたら、
  • 良縁祈願なら、結婚が決まったら、
  • 病気治癒の祈願なら、病気が治ったら、

など、願いや目標が成就したことに感謝して、お守りを返すのがいいでしょう。

 いい思い出になる区切りになります。希望がかなったら、お守りの力を感じ取ることができます。こんなお守りはいつも大歓迎ですね。

ずっと持ち続ける

 人生の岐路を決める時に授かったお札(ふだ)やお守りは、ずっと一生、持ち続けたいものです。特に、伝統や権威、人気のある神社や寺院のお守りは大切なものに思えます。日々の生活に寄り添う身近なお守りになります。

スポンサードリンク

お守りの処分方法は?

 お守りは、神様の代わりですから、粗末に捨てたりはしないことです。塩で清めて捨てる、神社や寺院でお焚き上げしてもらうなどがいいでしょう。神社などでは、収納する専用の箱を置いてある所もあります。感謝の気持ちを込めることがここでも大切になります。

まとめ

 2020年の新年を迎えたのを機に、もう一度、お守りの良さを見直してみたらいかがでしょうか。目標や希望を込めたお守りとともに、日々の生活を送る。きっと、豊かな生活になると思います。

トップのイラストは、「いらすとや」のものです。

スポンサードリンク