知のソムリエ  

知性を磨く 幸福と自由、独立のために

「読書」の記事一覧

非思量 この禅語の意味は? 非思量の精神で、怒らない 怒りを抑える方法は? 

 ストレスの多い現代社会では、ちょっとしたことに、イライラしてしまいがちです。相手の言動にいら立つ。非難する。時には、怒りが一気に爆発してしまうこともあるでしょう。ただ、そんな怒りは、相手だけでなく、確実に、自分の心をも […]

坐禅は静の修行 掃除は動の修行 枡野俊明著「片付ける 禅の作法」を読んで、心を磨く掃除の大切さを痛感

 坐禅が「静の修行」だとすれば、掃除は「動の修行」――。禅寺住職の枡野俊明さんが著書「片付ける 禅の作法」でこう書いているのを読んで、心を磨くための掃除を行っています。長年の会社人生でたまったモノがたくさんあり、時々、妻 […]

渋沢栄一 寸暇を惜しんで本を読む 学問は一生、続ける 【偉人の生き方】

「日本資本主義の父」と呼ばれ、500社以上の会社をはじめ、教育機関、医療、福祉施設、国際団体などの設立に尽力した渋沢栄一(1840年-1931年)は、寸暇を惜しんで本を読みました。先人の智恵を学び、学問は一生、続けること […]

渋沢栄一 「論語」が座右の書で、「論語と算盤」を書く 日本資本主義の父 【偉人の生き方】

「日本の資本主義の父」と呼ばれた実業家の渋沢栄一は、中国・春秋時代の孔子やその高弟の言葉、問答を集めた「論語」を座右の書にしていました。利潤の追求は道義を伴って行わなくてはならない――。「経済道徳合一主義」は、生涯、栄一 […]

大和言葉の本「美しい『大和言葉』の言いまわし」を読む 意味や起源を考えて

日々の生活で、「大和言葉」を意識することはありませんでしたが、「美しい『大和言葉』の言いまわし」を読んで、その魅力に引き込まれました。大和言葉 は、日本の風土、歴史な中で生まれた言葉で、柔らかさや味わい深さがあります。一 […]

ショウペンハウエル 最上の読書の仕方は? 「読書について」の本から学ぶべきこと 【偉人の生き方】

 ドイツの哲学者アルトゥル・ショウペンハウエル(1788年-1860年)は、著書「読書について」の中で、読書の仕方について、考えながら、良書、古典を繰り返して読むことが必要だと説いています。改めて、読書の仕方を工夫しなく […]

池波正太郎著「鬼平犯科帳」 江戸の古地図を見ながら、この時代小説を読むと

 江戸と東京を比べた地図「大江戸今昔マップ」を見ながら、時代小説の「鬼平犯科帳」(池波正太郎著)を読み返してみました。そうすると、主人公である長谷川平蔵が当時の特別警察ともいうべき「火付盗賊改方」の長官として活躍する姿や […]

「一日江戸人」(杉浦日向子著) 江戸の文化、風俗を学ぶ「教科書」 江戸一流の食通になるには?

 「一日江戸人」(杉浦日向子著)は、江戸の文化、風俗を知る上での「教科書」と言えるでしょう。大道芸、奇人変人、長屋の生活、浮世風呂、師走風景、食、酒、相撲、春画考など江戸に関する情報が満載です。私はこの本をたびたび読み返 […]

「知的生産の技術」(梅棹忠夫著) つん読法とは? 知的読書術のすすめ!

 本棚を整理していたら、奥の方から、「知的生産の技術」という本が出てきました。懐かしい一冊です。民族・生態学者の梅棹忠夫さん(1920年-2010年)が書いた本で、知的生産のバイブルとも言える本です。1969年発行の本で […]