時間があれば、街を歩いていますが、必ずスマホを持参することにしています。カメラ機能で、街の風景はもちろん、案内板や標識を写真撮影しています。小さな情報が多いですが、この写真を印刷し、カードに貼り付けた後、何度も見返すと、大いに役立ちます。

たとえば、こんな具合です。

先のブログで、江戸時代、町中に時を告げた「時の鐘」について書きましたが、東京・小伝馬町の十思公園にあった案内板を1枚パチリと撮影しました。時の鐘 が最初は本石町3丁目(現在の本町4丁目)にあったこと、鐘撞役が辻源七だったこと、今の鐘は宝永8年(1711年)に鋳造されたことなどは、この案内板 で知り、その後、本などで、知識を補足しました。

鐘の聞こえる範囲の町からは、「鐘楼銭」を集めて、鐘の維持・運営にあたったことは書き忘れてしまいましたが。

案内板には、その地域の市区町村が作製したものが多く、情報も信用できます。書き移す時間が節約でき、書き間違えも防げます。

一風変わった「B級ラジオ」、松尾芭蕉の「古池の句」碑についても、撮影しました。面白いものや重要なものについては、印刷し、B6サイズのカードに貼り 付けてあります。マーカーや赤ペンを手に、重要な部分に印をつけ、何度も読み返し、そのたびの気づきをまた、書き加えています。

すぐに情報が引き出せます。カードを次々に読んでいけば、いろいろなアイディアも生まれてきます。私にとって、貴重なデータベースになっています。ただ、歩いて見るだけではなく、関係者に合って話を聞けば、街歩きの意義はもっと高まります。

「デジカメは私にとって、いわばカラーコピーのようなものです」

GMOインターネット会長兼社長の熊谷正寿さんは、2005年発行の著書「情報整理術クマガイ式」で、こう書いています。もうずいぶん、時間が経過していますから、今や、デジカメをスマホのカメラ機能に置き換えて考えてもいいでしょう。

熊谷さんはデジカメを常に持ち歩き、会議でのホワイトボード、や興味深い光景、行動記録として残しておきたいシーンなどを撮影しているそうです。撮影したらパソコンに取り込み、重要なものは印刷して手帳に綴じているといいます。

スマホのカメラで気軽に撮影し、記録する。そんな小さな情報収集も地道に続けていきたいと思います。