フランスの哲学者・アランのプロポ(語録)とは 毎日、便箋2枚分の記事を書き続ける 【偉人のスタイル】

 「天才であろうとなかろうと、毎日書くこと」(フランスの文豪スタンダールの言葉)。

 フランスの哲学者アラン(本名エミール・オーギュスト・シャルティエ、1868年-1951年)の著書「幸福論」を訳した石川湧氏は、解説で、アランが、このスタンダールの言葉に学び、文体を学んだことを紹介しています。アランは毎日、世界や人間、政治、経済、宗教、文化などについて、便箋2枚分の記事プロポ(語録)を30年以上にわたって書き続けました。

 「アラン独特の発明」。

 仏文学者の白井健三郎氏は、アランのプロポ(語録)をこう賞賛しています。「語録」は、フランス語の「PROPOS」を訳したものですが、先の石川氏は、「論語」としてもいいのでは、と指摘しています。

 アランは、仏国内のリセ(高等中学)で哲学を教える一方、1906年から、ルーアンの急進派の新聞「ラ・デペーシュ・ド・ルーアン」に毎週、記事を書くようになり、やがて、それらがプロポ(語録)になりました。

 新聞でのプロポ(語録)は1914年まで、3098編に及びました。当時、この新聞の読者は約25万人でしたが、多くの読者が毎日、そのプロポ(語録)を切り抜き、世界の様々な問題について考えたといいます。

スポンサードリンク

幸福論 (集英社文庫)

新品価格
¥715から
(2019/12/2 09:12時点)

 毎日、一定の量を書く。これは、勤勉の大切さを物語っています。また、継続は力なり、でもあります。

 そう言えば、日本の林学の創始者である本多静六博士も、満25歳から、毎日、印刷の価値のある文章を原稿用紙(32字詰め14行)で1枚以上、書くことを続けました。

 「どんな仕事でも努力を続けさえすれば、はじめは多少苦しくても、ついには道楽になる、そしてその道楽の面白さは努力の量に比例し、努力の大なるものほど愉快の大なることを自覚した」と本多博士は、著書「成功するために必要なシンプルな話をしよう」で、こう書いています。

スポンサードリンク

本多静六 成功するために必要なシンプルな話をしよう (知的生きかた文庫)

中古価格
¥39から
(2019/12/2 09:14時点)

 もうずいぶん、昔のことですが、大学入試の現代国語では、よく、アランの「幸福論」から出題され、悪戦苦闘したものです。難しいなあ、といつも思ったものです。もちろん、いい点も取れませんでした。

 しかし、時代を経て、「幸福論」を読み返してみると、アランの哲学の思想に深い含蓄があることがわかります。

 「この本(プロポ)は一目で見渡すべき建物のようではない。これを一気に読むのは、まちがいだろう。時の流れのなかで置きなおすほがましだ。一日に二編か三編のプロポ。すぐに不可欠となり、すぐに愛され、全生涯の伴侶となるだろうところの枕頭の書」

 アランの弟子アンドレ・モーロアがこう言っていることを、石川氏は解説で書いています。

 私は、集英社文庫と角川ソフィア文庫で、「幸福論」を購入しましたが、日々、これらの本を手に取り、ページを開いて、そこにあるアランの社会分析や思想を味読していきたいと思っています。豊かな一日になるはずです。

スポンサードリンク

アランの幸福論 エッセンシャル版(特装版)

新品価格
¥1,100から
(2019/12/2 09:13時点)

スポンサードリンク

本多静六 成功するために必要なシンプルな話をしよう (知的生きかた文庫)

中古価格
¥39から
(2019/12/2 09:14時点)

スポンサードリンク