どんど焼きの時の食べ物は? 餅はどんな形で焼く? どんど焼きの意味や由来も

 1月15日の小正月の前後に、全国各地で、どんど焼きが行われます。どんど焼きの時の食べ物は何でしょうか。一番先に頭に浮かぶのは餅だと思いますが、どんな形で焼くのでしょうか。どんど焼きには、どんな意味、由来があるのかも含めて探ってみました。

 どんど焼きは最近、あまり行われなくなってきましたが、長く続いてきたどんど焼きを大切にし、子供たちに伝えていきたいものです。

どんど焼きの時の食べ物は?

 どんど焼きの時の食べ物は、餅や団子が代表的です。「繭玉」と言われるように、餅や団子を丸い形にしたうえで木に刺して、焼くのが一般的です。するめやソーセージ、みかんを焼く地域もあります。

 どんど焼きは、田畑や神社境内、広場などに、竹やわらでやぐらを建て、門松、しめ縄飾りなどの正月飾りや、書初めの紙、だるまなどを焼き上げる伝統行事ですが、その火で焼いた餅や団子などを食べることで、

 無病息災
 五穀豊穣
 家内安全
 商売繁盛

 などを祈ります。

スポンサードリンク

どんど焼きの意味は?

 どんど焼きは、燃え上がる火とともに、前年末に自宅などにお迎えした年神さまを送り帰す意味を持っています。

 どんど焼きの火にあたることで、病気にならないとも言われています。また、書初めを燃やすと、字がうまくなるともされています。さらに、焼いた後の灰を自宅の周りにまくと、悪霊を払うのだそうです。

どんど焼きの由来(起源)は?

 平安時代、宮廷で行われていた「三毬枝(さぎちょう)」という儀式がどんど焼きの起源と見られています。

 小正月(1月15日)に、毬杖(ぎちょう)と呼ばれる杖を3本立て、その上に扇子や短冊を置いて焼いたといい、新年の幸福を祈りました。どんど焼きが、「左義長」とも呼ばれるのは、このためです。この行事が庶民の間にも定着し、小正月に正月飾りや書初めを焼く風習になったと言われています。

どんど焼きの呼び名は?

 どんど焼きが一般的ですが、地域によって、いろいろな呼び方があります。それだけ、庶民の間に定着した人気の伝統行事であることがわかります。いくつか代表的なものを紹介しましょう。

 ・とんど焼き 関西
 ・どんどや 九州の一部
 ・とうどうさん 愛媛県の一部
 ・とんどさん 鳥取県の一部
 ・どんどん焼き 山梨県の一部
 ・さいと焼き 神奈川県の一部
 ・あわんとり 千葉県の一部
 ・しんめいさん 広島県の一部
 ・かあがり 長野県の一部
 ・やははいろ 東北の一部

 「ど」「と」のついた呼び名が多いのは、どんどん燃える、とうとうと燃えるという様子から、とされています。

まとめ

 首都圏では、どんど焼きが減っています。どんど焼きはイメージできても、実際には参加していない人も多いのではないでしょうか。新聞の地方版などをよく読むと、地域の広場や河川敷などで、どんど焼きが行われるという記事が多く出ています。一度、体感したら、きっと、いい新年を迎えられるでしょう。