究極のノート作りのコツは? 天才や達人たち9人のノートに学ぶ

 究極のノートはどうあるべきでしょうか。ノートはビジネスでもプライベートでも大いに役立てたいものです。ノート作りのコツを、ノート作りの天才や達人たちの実際のノートから学びました。日々の生活で生かしたい知恵がたくさんあります。

究極のノート作りのコツは?

レーニンのノート

 作家の佐藤優さんは、著書「読書の技法」の中で、社会主義国のソ連を作った政治家ウラジーミル・レーニン(1870-1924年)を「ノート作りのいち ばんの天才だった」と分析しています。レーニンは、読んだ本の抜き書きをし、コメントを付けたうえで、必要な時には復元できるようにしていました。レーニ ンの読書ノートに学びたいものです。・・・記事全文は、レーニンのノート1

 作家の佐藤優さんは、ソ連を作った政治家ウラジーミル・レーニン(1870-1924年)を「ノート作りの一番の天才」と称賛していますが、「知的トレーニングの技術」でも、著者の花村太郎さんが「ノートのとりかたはレーニンに学ぶといい」と書いていま す。改めて、レーニンのノートについて考えてみました。

 レーニンのノートは、誰もが見習うべき手本と言えるでしょう。天才と言われる由縁です。・・・記事全文は、レーニンのノート2

ワシントンのノート

 ノートはどう書くべきか。ノートの活用術に関心を持っているため、ノートについての情報から目を離せません。書物の重要箇所を抜き書きし、感想やコメント、分析を書き加え、実際の本がなくても、本の内容がわかるまで高めたソ連の政治家レーニンのノートについては、先に書いた通りです。アメリカの初代大統領になったジョージ・ワシントン(1732-1799年)のノートも面白く、役に立ちます。・・・記事全文は、ワシントンのノート

スポンサードリンク

外岡秀俊さん、黒木亮さん、佐藤優さんのノート

 日々の出来事を記録しておくことはとても重要です。大切な思い出が残せるだけでなく、記録を見て振り返ることで、ビジネスやプライベートでの課題も見えてきます。

 1日の記録をインデックス情報として、ノートや手帳にどう残すか、について考えてみました。記事全文は、外岡秀俊さんらのノートです。

久恒啓一さんのノート

 大学教授・久恒啓一さんが書いた著書「書くだけで人生が好転する妄想ノート」を読みました。志を立て、その計画を紙に書く。毎日、その紙を眺める。1年後に成果をチェックして、反省・修正する。こんな夢実現の法則を学びました。・・・記事全文は、久恒啓一さんのノート

美崎栄一郎さんのノート

 ビジネス書作家・美崎栄一郎さんの著書「『結果を出す人』はノートに何を書いているのか」を読み返したら、美崎さんが、本を読み終えた後、本で学んだ実行すべきことをノートに書き出し、実際の行動に移していることを知りました。本は読んだままになることが多くあります。実行すべきことを抽出し、実際に行動してみる。効果は大きいでしょう。私も早速、この方法を採り入れることにしました。・・・記事全文は、美崎栄一郎さんのノート

斎藤孝さんのノート

 ノートをどう使いこなすか――。こんな悩みを抱えている人々もいるでしょう。そんな中、ビジネスパーソンをはじめ、学生、主婦、シニアなど多くの人々に、その「アイディア」を与えてくれるのが、「頭の良さはノートで決まる 超速脳内整理術」(斎藤孝著)です。

 なかでも、私が面白いと思ったのは、仕事のスキルを上げる段取りノートと、思考を深めるためのアイディアノートのふたつです。・・記事全文は、斎藤孝さんのノート

中島孝志さんのノート

 「仕事が速い人の手帳・メモ・ノート超活用術」を読み返していたら、著者の中島孝志さんが、読書をしてインプットし、データベースを作っていることを知りました。書くというアウトプットのためには、地道なデータベース作りが不可欠なことを改めて感じました。・・・記事全文は、中島孝志さんのノート

まとめ

 1人1人のノート作りを学ぶと、吸収すべき点が多くあることがわかります。有益なノート作りのノウハウを取り入れ、自分にとって究極のノートを作り上げたいものです。