雨水の読み方や意味は? 2021年はいつ? 二十四節気の由来も知る

 1年の季節の推移を24に区切った二十四節気(にじゅうしせっき)は、春分、夏至、秋分、冬至など、その言葉を聞くだけで、その時期を明確に表してくれます。二十四節気のひとつである雨水はどんな読み方をし、どんな意味があるのでしょうか。由来や、2021年はいつかも含めてまとめました。 

雨水の読み方や意味は?

雨水の読み方

 雨水は、うすい、と読みます。

 天気が悪くなって降る雨の水は、あまみずや、うすいと読みますが、二十四節気の場合は、うすいとだけ読みます。

雨水の意味

 「雪が雨に変わり、氷も溶けて水となる。農耕の準備を始める目安の日でもある」

 「プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本」(岩谷忠幸監修)は、こんな風に、雨水の意味を説明しています。厳しい冬が終わりへと少しずつ変化し始め、春の足音が一歩一歩、近づいてくる様子がうまく表現されています。

 梅の花が咲きます。桜も開花の準備を始める季節になります。植物が芽を出してきます。まさに、田畑では農耕も始まります。

 雨水は、穏やかな春が近づいて来る感じにぴったりの季節の言葉です。暖かさも少しずつ増して来るでしょう。

スポンサードリンク

2021年はいつ?

 立春から始まる二十四節気からすると、

 立春
 ↓ 
 雨水
  ↓ 
 啓蟄
  ↓
 春分
  ↓
 清明

 と、2番目になります。立春、春分ほど知られていないかもしれませんが、雨水もしっかり覚えておきたい二十四節気です。

 2021年は2月18日(木)になります。この2月18日から、次の二十四節気である啓蟄(3月5日)の前日までの期間を指すこともあります。

雨水の由来

 出典は、江戸時代の天明7年(1787年)に出された「こよみ便覧」とされています。ここに、「陽気地上に発し、雪水とけて雨水となればなり」と記載されており、雨水の由来となっています。 

スポンサードリンク

まとめ

 この時期の特徴をよく表す雨に、「春一番」があります。「あめの言葉辞典」(講談社学術文庫)によると、「立春のあと、初めて雪をまじえず雨だけが降る日をいう」となっています。

 春一番も感じられたら、いいですね。

あわせて読みたい
穀雨とは 読み方や意味、由来は? 2021年はいつ 二十四節気を知る
「立春大吉」のお札(ふだ)の意味は? いつまで貼る? 興味深い話が!
清明の読み方や意味は? 2021年はいつ? 二十四節気の由来も知る

関連記事広告