羊山公園の芝桜 2021年の開花予想や見頃は? 開花時期も長く

 芝桜の魅力は何といっても、カーペットのように地面いっぱいに低く広く咲く景色でしょう。息を飲む美しさはいつまでも記憶に残ります。そんな芝桜を眺めることが出来る絶好の場所のひとつが、埼玉・秩父市の羊山(ひつじやま)公園です。

 2021年の開花予想や見頃はどうなっているでしょうか。開花時期も長く、芝桜の美しさを楽しむことができます。

羊山公園の芝桜 2021年の開花予想や見頃は?

 

羊山公園の芝桜

 羊山公園は、武甲山の麓にあり、その丘陵地帯からは秩父市の市街地を一望することができます。2000年頃から芝桜の植樹が始まり、「芝桜の丘」(17600㎡)には現在、約40万株が植えられています。

 品種は9種類で、白、濃淡のピンク、赤、紫などの花を咲かせます。最近は、開花シーズンに約60万人がこの公園を訪れています。

 昭和初期、埼玉県の畜産場があり、羊が飼われていたことから、この公園は、「羊山公園」と名付けられました。

2021年の開花予想や見頃は?

 芝桜は毎年、ソメイヨシノが咲き終わった頃から、咲き始めます。2021年の開花予想は、4月中旬から下旬にかけてで、しばらくして、見頃を迎えます。

 日本の桜は、早咲きの河津桜などが咲いて、大人気のソメイヨシノが咲きます。そして、最後に、芝桜が咲きます。華やかな桜のシーズンが続きます。

芝桜の開花時期も長く

 芝桜は、河津桜、ソメイヨシノなどと比べると、より長い期間、芝桜を観賞できるのが特徴です。4月中旬から1か月間弱、芝桜の美しさを楽しむことができます。

 ゴールデンウィークの散策にもぴったりです。

 芝桜のもう一つの魅力は、地面にはうように、広く一斉に咲くことにあります。「花のパッチワーク」と秩父観光協会はその美しさを表現しています。「芝桜の丘」を歩くと、まるで、じゅーたんの中にいるかのような錯覚にとらわれます。

 カラフルな芝桜が次々に目に入ってきて、心豊かな散策になります。最近はマスコミでもたびたび取り上げられますので、その絶景を見たことがある方も多いでしょう。

芝桜まつり

 芝桜の見頃に合わせて、毎年、芝桜祭りが開かれています。2019年は4月17日(金)から5月6日(水)まで開かれましたが、2020年は、新型コロナウィルス感染防止のため、中止となりました。羊山公園も閉鎖されました。

 2021年は、羊山公園は入場可能となる見通しですが、コロナの感染状況によって変更となることもあります。

 羊山公園は通常は無料ですが、芝桜のシーズンには、入園料300円が必要になります。秩父地方の特産市も人気です。軽食を食べることもできます。

アクセス

 電車の場合

 西武鉄道の西武秩父駅、または、横瀬駅で下車して、徒歩で15分から20分。約1.5キロです。

 車の場合

 関越自動車道の花園ICで下車、国道140号線を利用して、羊山公園へ。

まとめ

 これだけの芝桜を見る機会はそう多くないでしょう。時間を割いて、一度、訪れてみたら、いい小旅行になるはずです。ただ、コロナの感染が拡大すると、羊山公園が閉鎖される可能性もあります。情報をチェックすることも大切です。

あわせて読みたい
高遠桜2021の見頃はいつ? 開花状況や満開予想は? アクセスや駐車場も網羅!
桜前線の意味や由来とは? 2021年の開花宣言、開花予想は?
目黒川で、八重桜の絶景を楽しむ 舟入場や大鳥神社も散策

関連記事広告