すだれとよしずの違いは? 効果はどっちが上? おすすめの使い方も知って

 今年も暑い夏がやってきます。エアコンの利用もいいですが、日本古来からの「知恵」であるすだれとよしずを活用して、風流で、涼しい夏を演出してみてはいかがでしょうか。

 あまり知られていない、すだれとよしずの違いをはじめ、涼しさの効果ではどっちが上か、おすすめの使い方は何か、を探ってみました。

すだれとよしずの違い

 すだれ、よしず、ともに、暑い夏、

 直射日光と人目を遮る
 風を通す
 虫よけとなる

 という役割を果たしますが、材料や編み方、大きさなどで違いがあります。違いを具体的にみてみましょう。

すだれ

 すだれは、漢字で、簾と書かれるように、主に、竹を細く切って、横に糸で編んだものが一般的です。日本では、奈良時代から使われてきたとされ、御簾(みす)は、武家や公家の屋敷で重宝されました。

 すだれは、カーテンレールなどにつるして使われます。サイズも多く、使用場所に応じて、最適のすだれを選ぶことができます。室内、室外どちらでも自由自在につるすことができます。使いやすいということでしょう。

竹 ロールスクリーン 88×180cm 【タヒチ】 竹簾 すだれ アッシュブラウン ブラウン

よしず

 よしずは、漢字で、葦簀と書かれるように、葦(あし)を切って、縦にシュロで編んだものです。こちらも、奈良時代から使われてきました。夏の海水浴場でよく見られるように、立てかけて使います。

 横幅が標準で1.8メートル、と、すだれに比べると大きいのが特徴です。店の入り口やベランダで立てて使われることが多くなっています。逆に、小さなものはあまりありません。

 最近は、すだれ、よしずとも、プラスティック製やも人気となっています。

【棕櫚縄】炭火よしず(たてず・たてすだれ)高さ240×巾180cm(炭火8×6尺)

あわせて読みたい
夏本番はいつからいつまで? その意味は? 地球温暖化の影響も探って

涼しさの効果では、どっちが上?

 よしずの方が、より効果的で、涼しさを演出する効果のうえでは、すだれを上回ります。よしずは、すだれに比べて大きく、直射日光をより広範囲に遮ることができるからです。

 また、網目がすだれに比べて細かいのも効果的です。水をかければ、打ち水と同じように、気温を1、2度下げることができます。

 ただ、すだれも、日光を遮り、その揺れる様子も涼しさを感じさせてくれます。

スポンサードリンク

すだれ、よしずの使い方は

 場所に応じて、すだれと、よしずを使い分けたいものです。すだれは、カーテンレールにつるしてもいいし、専用フックを使って、室外に設置することもできます。よしずをベランダに置いてもいいでしょう。直射日光はうまく遮られているか、風はうまく室内に入って来るかをチェックすすることが大切です。

 ただ、あまりにも多くのすだれ、よしずを置くことは、乱雑に見えて、美しくありません。美観も大切にしたいものです。

まとめ

 時に、エアコンを使う。そして、時に、すだれやよしずも合わせて利用する。夏の太陽と風を十分、感じながら、避暑対策を講じるといいでしょう。いい夏になるはずです。

あわせて読みたい
小暑(しょうしょ)は、どの季節? 2020年はいつ?