鎌倉明月院のあじさい 2021年の開花や見頃の時期は? 拝観料やアクセスも網羅

 「紫陽花(あじさい)寺」と言えば、すぐに、鎌倉の明月院を思い浮かべる人も多いでしょう。目にも鮮やかな青色のあじさいが印象的です。淡い青から濃い青色へと色の変化も楽しむことができます。

 鎌倉明月院のあじさいの2021年の開花や見頃の時期はいつになるでしょうか。拝観料やアクセス情報も網羅しました、開花状況をウォッチして、「明月院ブルー」の花を楽しみましょう。

鎌倉明月院のあじさい 2021年の開花や見頃の時期は?

 鎌倉明月院のあじさいは、早いものが6月上旬に咲き始め、7月上旬まで、あじさいの花を楽しむことができます。

 見頃は、6月中旬から7月上旬にかけてです。

 石段の両側にあじさいが咲く山門は、最も、人気のある場所です。自分ならではの1枚を写真撮影してみてはいかがでしょうか。きっと、いい思い出になります。

絵画風 壁紙ポスター (はがせるシール式) あじさい寺 鎌倉 明月院 アジサイ 花 キャラクロ FAJS-008A2 (A2版 594mm×420mm) 建築用壁紙+耐候性塗料

鎌倉明月院のあじさいの魅力

 「姫あじさい」と呼ばれるあじさいが大半で、境内には、約2500株があります。植物学者の牧野富太郎氏が、お姫さまのように花が可憐なことから、名付けたと言われています。

 古来から日本にある種類で、花はややこぶりなものの、その青色は多くの人々を魅了します。開花時の淡い青から、濃い青へと変化していく様子は、明月院を訪れるたびに、新しい発見をもらたしてくれます。

 「明月院ブルー」とも言われています。

 古都・鎌倉では、長谷寺と並んで、あじさいの名所となっています。

 あじさいの植樹が始まったのは、第二次世界大戦後で、住職や関係者が1本1本あじさいを挿し木して増やしてきました。きっと、住職らの花を愛する気持ちが、こんなに美しいあじさいを育て上げたのでしょう。

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

鎌倉明月院の混雑状況

 2021年は新型コロナウィルス感染防止のため、鎌倉明月院は、土日は開門しない方向で検討しています。コロナの感染状況で変更もあります。新しい情報を今後も更新していきます。

 例年ですと、平日も、週末の土日も、大混雑します。土日は午前8時30分の開門時間に、100人くらいが待つことも多くあり、その列は、約700メートル離れたJR北鎌倉駅にまで及ぶこともあります。時には、入場制限されます。平日も午前10時くらいになると、行列ができることが多くなっています。

 訪問する時間を工夫する必要があるでしょう。比較的、ゆったりと、あじさいを観賞するには、平日の朝一番で明月院に行くのがおすすめです。平日の閉門前もいいでしょう。ただし、あまり直前だと、見る時間が減ってしまいますから、十分に観賞時間を計算して、明月院を訪れたいものです。

絵画風 壁紙ポスター (はがせるシール式) あじさい寺 鎌倉 明月院 紫陽花の門 アジサイ 花 キャラクロ FAJS-007W2 (ワイド版 603mm×376mm) 建築用壁紙+耐候性塗料 インテリア

鎌倉明月院の拝観料は

 拝観料は、高校生以上500円、小中学生300円です。
      
 2021年の拝観時間は、月曜日から金曜日までの午前9時から午後4時までになる見込みです。

 鎌倉明月院の場所は、神奈川県鎌倉市山ノ内189です。

【日本の風景ポストカード】神奈川県 鎌倉 明月院の紫陽花アジサイのはがきハガキ葉書 撮影/YOSHIO IWASAWA

鎌倉明月院へのアクセス

 電車利用の場合は、最寄駅はJR北鎌倉駅で、徒歩で約10分です。

 車利用の場合は、横浜横須賀道路の朝比奈icから約20分です。明月院に駐車場はありません。近くの駐車場も台数が多くなく、電車利用がおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

鎌倉明月院の歴史

 明月院は、1160年(康元元年)、平時の乱で死去した山ノ内俊道を弔うため、子供の山ノ内経俊が創建した明月庵が始まりです。その後、明月庵の土地に、北条氏が寺を建立、関東管領の上杉憲法方が康暦2年(1380年)、明月庵を明月院に改名しました。

 明月院には、「悟りの窓」という丸窓があります。丸窓は、悟りや禅、宇宙を表していると言われています。その円形からの景色は心を落ち着かせてくれます。

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

まとめ

 桜の季節が終わって、あじさいが咲き始めます。古都を散策しながら、美しいあじさいを観賞し、印象に残る1日にしたいものです。また、あじさいの時期、明月院では、本堂後庭園が開放されます。この庭園には、花菖蒲約800株が植えられており、あじさいの開花に先立って、咲き始めます。見頃は、5月下旬から6月上旬にかけてです。あじさいとともに、花の「競演」を楽しむのもいいでしょう。庭園に入るには、拝観料のほか、500円が必要です。

 明月院では、あじさいや花菖蒲のほかにも、桃、桜、秋桜、もみじなど多くの花も植えられており、ほぼ1年中、さまざまな花を観賞することができます。

あわせて読みたい
鎌倉長谷寺のあじさい 2021年の開花や見頃の時期は? 散策路で種類豊富のあじさいを満喫!

関連記事広告