金沢百万石まつり2021は中止 百万石行列(コースや構成)を振り返る

 加賀百万石を治めた前田利家(加賀藩初代藩主)はどんな風に金沢城に入城したのでしょうか。そんな疑問を解消してくれる百万石行列が2021年も、金沢百万石まつりの中で再現される予定でしたが、金沢百万石まつりが、新型コロナウィルス感染防止のため中止となりました。加賀友禅燈ろう流し、百万石踊り流し、加賀百万石(盆正月」のイベントも行われません。

 2020年に続いて中止になりましたが、百万石行列を過去のコースや構成で振り返ってみましょう。

金沢百万石まつり2021の日程

 金沢百万石まつり2021年の日程は、6月4日(金)から6月6日(日)まで行われる予定でしたが、中止となりました。

金沢百万石まつりの由来

 金沢百万石まつりは、加賀藩の初代藩主・前田利家が天正11年(1583年)、金沢城に入場し、金沢の町を築いたのを記念して、1952年(昭和27年)から開催されるようになりました。

 当初は、金沢市と金沢商工会議所が開催した商工まつりでしたが、その後、百万石行列や茶会、踊り流し、薪能などが加わり、より華やかさを増しました。

 今や、金沢を代表する人気イベントになっています。

百万石行列

百万石行列のコース

 
 6月5日に行われる予定のメーンイベントの百万石行列は午後2時から金沢駅東広場前で出発式が行われた後、以下のコースで行列する予定でした。2019年の情報です。

 14時20分 金沢駅東広場を出発
       ↓
 14時40分頃 近江町市場館
       ↓
 15時10分頃 香林坊
       ↓
 15時25分頃 金沢21世紀美術館
       ↓
 15時45分頃 兼六園下交差点
       ↓
 16時頃    金沢城公園(終点)
 16時頃から18時まで、金沢城公園で、入城祝祭が行われます。

スポンサードリンク

百万石行列の構成

 出発式の後、以下のような順で行列が行われます。こちらも2019年の情報です。

 先導隊
  ・金沢百万石まつりの横断幕
  ・地元のトップスポーツチーム
  ・加賀友禅大使
  ↓
 音楽パレード
  ↓
 ミス百万石
  ↓
 獅子舞行列
  ↓
 加賀とび行列
  ↓
 尾山神社御鳳輦(ごほうれん)
  ↓
 子供奴行列
  ↓
 珠姫御輿入れ行列
  ↓
 大人奴行列
  ↓
 お松の方行列
  ↓
 四代、五代藩主行列
  ↓
 加賀八家老行列
  ↓
 前田利家入城行列
  ↓
 赤母衣衆(あかほろしゅう)
 
 こう見るだけで、豪華な行列であることがわかります。期待感が高まります。

百万石行列の前田利家とお松の方役

 1984年(昭和59年)、百万石行列の主役である前田利家役に俳優を起用したことで、金沢市民だけではなく、日本各地から多くの観光客が金沢百万石まつりに訪れるようになりました。
 
 最近の前田利家、お松の方役は以下の通りです。

           前田利家      お松の方
 2019年     加藤晴彦さん    藤本美貴さん
 2018年     高橋克典さん    羽田美智子さん
 2017年     保坂尚希さん    佐藤藍子さん
 2016年     袴田吉彦さん    笛木優子さん
 2015年     内藤剛志さん    菊川怜さん
 2014年     原田龍二さん    菊池麻衣子さん

 いずれも人気の俳優やタレントの方々です。

金沢百万石まつりへのアクセス

 JR利用の場合(金沢駅まで)

 東京から約2時間30分
 大阪から約2時間40分
 名古屋から約2時間30分

 飛行機利用の場合(小松空港まで)

 羽田から約1時間
 成田から約1時間10分
 新千歳から約1時間40分
 仙台から約1時間10分
 福岡から約1時間10分
 那覇から約2時間 

まとめ

 前田利家の金沢城入城は、とても興味深い歴史的なイベントです。来年こそ、コロナ終息を経て、楽しみましょう。

関連記事広告