梅雨の語源や意味とは? 中国と関係がある? 梅雨はいつから始まるか

 毎年、じめじめした梅雨の季節がやってきます。梅雨の語源や意味とはどうなっているのでしょうか。また、梅雨は中国と関係があるのでしょうか。梅雨はいつから始まるかも含めて、梅雨についてまとめました。

梅雨の語源や意味とは? 中国と関係がある?

 

梅雨の語源は?

 梅雨の語源は、主に3つの説があります。 

 「気象・天気図のすべてがわかる本」(ナツメ社)や、「天気のしくみ」(共立出版)などの天気に関する本によると、

 梅雨は、もともと中国の言葉です。このため、中国と大いに関係があります。

 ・黴(かび)が生えやすい湿気をもたらす雨
 ・梅の実が熟す時期に降る雨
 ・露(つゆ)をもたらす雨

 が、梅雨の語源になったとされています。

 江戸時代、儒学者の貝原益軒らが編纂した「日本歳時記」に、

 「此の月淫雨ふるこれを梅雨(つゆ)と名づく」とあることから、梅雨と呼ばれるようになりました。

梅雨の意味は?

 梅雨の意味を調べると、

 「6月から7月にかけてふりつづく長雨。また、その長雨の季節」(例解新国語辞典)

 「6月から7月中旬にかけて、日本・揚子江沿い地方に起こる雨期」(岩波国語辞典)

 となっています。毎年訪れる雨の多い時期のことになります。

 梅雨は、日本・揚子江沿い地方のほか、台湾、朝鮮半島にもあります。

あわせて読みたい
線状降水帯はいつから注目されるように? 発生のメカニズムも簡単に説明
秋雨前線とは? いつからいつまで? 夏の終わりと秋の訪れを告げる

梅雨はいつから始まるか

 梅雨前線は、

 4月頃、中国南部にかかり始め、次第に北上します。
     ↓
 5月 台湾
     ↓
    沖縄
     ↓
 6月 東京

 と移動し、雨を降らせます。

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス
楽天ブックス

2021年の梅雨は?

 気象庁は5月5日、沖縄地方と奄美地方が梅雨入りしたと発表しました。沖縄地方は平年より5日、奄美地方は平年より7日、それぞれ早くなりました。

 これから、梅雨前線は、北上してきます。

 「雨のことば辞典」によると、梅雨に関する言葉には、

 ・梅雨めく
 ・梅雨雷
 ・梅雨曇り
 ・梅雨豪雨
 ・梅雨籠
 ・梅雨寒
 ・梅雨出水
 ・梅雨長し
 ・菜種梅雨
 ・梅雨の蝶

 など、たくさんあります。これから、梅雨に関する言葉を実感することになりそうです。

まとめ

 梅雨の時期は長く続くこと、じめじめとした不快感も伴うことなどから、梅雨をもう一つの季節に感じる人々が多くいます。このため、日本には、四季に加えて、五季もあるとも表現されます。

 梅雨に関する情報はさまざまなものがあります。ひとつひとつ学ぶと、四季、あるいは、五季の移り変わりを感じ取ることが出来るでしょう。

あわせて読みたい
鎌倉明月院のあじさい 2021年の開花や見頃の時期は? 拝観料やアクセスも網羅
鎌倉長谷寺のあじさい 2021年の開花や見頃の時期は? 散策路で種類豊富のあじさいを満喫!
気象庁が使う平年とは、過去何年間の平均? 平年値の更新はいつ?

関連記事広告