梅雨前線とは、どんな仕組みで発生する? どの気団が原因となっているか

 毎年、多くの雨が降る梅雨(つゆ)の季節は、梅雨前線によってもたらされます。梅雨前線とは、どんな仕組みで発生するのでしょうか。どの気団が原因となっているかを含めて、梅雨前線についてまとめました。

梅雨前線とは、どんな仕組みで発生する? どの気団が原因となっているか

 「気象・天気図のすべてがわかる本」(ナツメ社)や、「天気のしくみ」(共立出版)などの天気に関する本によると、

 梅雨前線は、2つの気団が原因となって発生する仕組みとなっています。

 日本列島の北側にある冷たい気団のオホーツク海高気圧と、

 日本列島の南側にある暖かい気団の太平洋高気圧

 がぶつかることで、この2つの気団の間に、停滞性の梅雨前線が生まれます。

 長雨を降らせることになります。

 この梅雨前線は、

 4月頃、中国南部にかかり始め、次第に北上します。
     ↓
 5月 台湾
     ↓
    沖縄
     ↓
 6月 東京

 日本列島を北上し、雨を降らせます。

 ただ、梅雨前線が北海道に到達する頃には、梅雨前線の動きが弱まるため、雨を多く降らせることはありません。「北海道には梅雨はない」と言われます。

あわせて読みたい
線状降水帯はいつから注目されるように? 発生のメカニズムも簡単に説明
土石流と土砂崩れの違いは? 発生の特徴をわかりやすくチェック! 

スポンサードリンク

梅雨前線は、どんな仕組みで消滅する?

 梅雨前線は、

 日本列島の北側にある冷たい気団のオホーツク海高気圧と、

 日本列島の南側にある暖かい気団の太平洋高気圧

 のバランスが崩れることで、消滅します。

 夏に近づくと、太平洋高気圧の勢力が増してきます。これまでにも述べたように、梅雨前線は、この太平洋高気圧に押されて、勢力を弱めながら、北上していくことになり、最後には消滅してしまいます。

 この時が、「梅雨明け」と呼ばれます。

 逆に、梅雨前線が停滞したままになると、長梅雨、梅雨明けしない、ということになります。

まとめ

 西日本では、「湿舌」と呼ばれる現象が起きることがあります。「湿舌」とは、台湾などの熱帯の海から、伸びた舌のように、高温多湿の空気が流れ込むことで、この現象が起きると、大雨になることが多くなります。洪水や土砂崩れが起きる恐れもあり、注意することが大切になります。

あわせて読みたい
梅雨の語源や意味とは? 中国と関係がある? 梅雨はいつから始まるか
鎌倉明月院のあじさい 2021年の開花や見頃の時期は? 拝観料やアクセスも網羅
鎌倉長谷寺のあじさい 2021年の開花や見頃の時期は? 散策路で種類豊富のあじさいを満喫!
気象庁が使う平年とは、過去何年間の平均? 平年値の更新はいつ?

関連記事広告