ゲリラ豪雨の発生の仕組みや雨量は? 原因はヒートアイランド現象と関係がある?

 梅雨や夏の季節を中心に、上空の大気が不安定になり、局地的豪雨に見舞われることがあります。マスコミで言われるゲリラ豪雨です。ゲリラ豪雨の発生の仕組みや雨量はどうなっているのでしょうか。ゲリラ豪雨の原因はヒートアイランド現象と関係があるのかどうかも含めて、ゲリラ豪雨についてまとめました。

ゲリラ豪雨の発生の仕組みや雨量は?

ゲリラ豪雨の発生の仕組み

 ゲリラ豪雨は、突発的に短時間に降る激しい雨のことを言います。予測がしにくく、ゲリラのように激しく雨が降るため、マスコミが2008年ころから、この言葉を使用するようになりました。集中豪雨もゲリラ豪雨と同じ意味で、マスコミで使われています。気象庁の「記録的短時間大雨」に相当します。

 上空に寒気が流れ込み、地表からの湿った暖かい空気が混ざることで、積乱雲が発生します。この結果、大気の状態が不安定になり、激しい大雨「ゲリラ豪雨」が降るとみられています。

ゲリラ豪雨の雨量は?

 明確な降雨量は規定されていませんが、1時間に50ミリを超える雨が一つの目安となっています。
 

スポンサードリンク

ゲリラ豪雨の原因はヒートアイランド現象と関係がある?

 ゲリラ豪雨の原因はヒートアイランド現象と関係があります。ヒートアイランド現象は、人間活動の都市集中によって都心ほど気温が高いことを指します。

 工場
 会社
 飲食店
 自動車

 などにある熱源(機械や、クーラー室外機、調理器具、エンジンなど)が気温を上げる原因になります。

 また、道路のアスファルトやビルコンクリートも昼間、熱を蓄えます。このため、夜間になっても気温が十分に低下しません。

 この結果、都市部の気温が高く、積乱雲を発生しやすくしています。

 地球温暖化で気温が上昇していることも、積乱雲発生によるゲリラ豪雨と関係があるとみられています。

スポンサードリンク

雨の種類は?

 気象庁は、ホームページの「雨の強さと降り方」の中で、雨を5段階に分けています。

1時間あたり降雨量が10ミリ以上20ミリ未満の場合 「やや強い雨」で、「ザーザーと降る」
1時間あたり降雨量が20ミリ以上30ミリ未満の場合 「強い雨」で、「土砂降り」
1時間あたり降雨量が30ミリ以上50ミリ未満の場合 「激しい前」で、「バケツをひっくり返した
ように降る」
1時間あたり降雨量が50ミリ以上80ミリ未満の場合 「非常に激しい雨」で、「滝のように降る」
1時間あたり降雨量が80ミリ以上の場合      「猛烈な雨」で、「息苦しくなるような圧迫
感がある。恐怖を感ずる」

 となっています。

 「人への影響」
 「屋内(木造住宅を想定)」
 「屋外の様子」
 「車に乗っていて」
 
 の4つの条件で、それぞれの雨の強さや降り方が解説されています。

 一度、読んで、記憶しておくのがいいでしょう。突然の気象状況の変化には十分に対応できないことも多々あります。そんな時に、これらの気象情報が大いに役立つはずです。

【スーパーSALE 特別価格 10%OFF】レインブーツ キッズ 長靴 子供 ベビー レインシューズ 動物 くま ねこ かえる シンプル 子供用 子ども こども 幼児 通園 通学 女の子 男の子 安全 軽量 軽い おしゃれ 雨具 防水 雨 台風 ゲリラ豪雨 14cm 15cm 16cm 17cm

まとめ

 ゲリラ豪雨は、気象庁による気象用語ではありませんが、局地的豪雨の恐ろしさを的確に表現しています。ゲリラ豪雨の原因となる積乱雲は発生を予測するのが難しいですから、日頃から、雨情報を学び、対策を講じたいものです。

あわせて読みたい
線状降水帯はいつから注目されるように? 発生のメカニズムも簡単に説明
梅雨前線とは、どんな仕組みで発生する? どの気団が原因となっているか
猛暑日とは? 真夏日、夏日、酷暑日との違いは? 熱中症対策を万全に!

関連記事広告