天神祭2021は神事のみ 大阪天満宮の夏祭り 【2019年概要で振り返る】

 京都・祇園祭、東京・神田祭とともに、日本三大祭りの一つである天神祭が2021年も行われます。大阪天満宮の夏祭りです。ただ、新型コロナウィルス感染防止のため、2020年に続き、神事のみが行われます。

 2019年の概要で、天神祭を振り返ってみました(トップのイラストは、いらすとやのものです)。

天神祭2021は神事のみ 大阪天満宮の夏祭り

天神祭2021の日程、場所

 7月24日(土)が、宵宮
 7月25日(日)が、本宮

 で、神事がこの2日間に行われます。

 場所は、大阪天満宮(大阪市北区天神橋2-1-8)と、その周辺です。

大阪天満宮の夏祭りは神事のみで実施

 花火は実施されません。

 船渡御は実施しません。

 陸渡御は実施しません。

 神霊移御、還幸、本殿での還御祭は、神事として斎行されます。

7月24日

 宵宮祭(本殿)
 鉾流神事
 行宮宵宮祭(西区千代崎)

7月25日

 本宮祭
 仮御旅所祭(神霊移御の儀、還幸の儀)
 還御祭(本殿)

 閉門時間は、2日間とも、午後6時半となります。

 すべて、神職や関係者で行われます。参列、見学はできませんから注意が必要です。

 ライブ中継配信もありません。

スポンサードリンク

天神祭の由来

 学問の神様、菅原道真公の鎮魂祭として天暦5年(951年)に始まったとされ、1000年以上の歴史と伝統があります。

天神祭―火と水の都市祭礼
日本の祭り/神田祭、天神祭、青森ねぶた祭、山形花笠まつり、他【新品DVD6枚組】

天神祭2019の概要 宵宮と本宮のスケジュール

 では、天神祭2019年の概要で、天神祭を振り返ってみましょう。

 大阪天満宮の公式ホームページによると、宵宮、本宮の祭事スケジュールは以下のようになっていました。

 7月24日(水)宵宮
 
 一番太鼓      午前4時から4時半まで      大阪天満宮
 宵宮祭       午前7時45分から8時半まで   大阪天満宮
 鉾流行列参進    午前8時半から8時50分まで   大阪天満宮 
 鉾流神事      午前8時50分から9時半まで   天満警察前
 行宮祭       午前11時から11時半まで    西区千代崎
 山蔭流儀式包丁奉納 午前11時半から正午まで     大阪天満宮
 天神講獅子獅子舞  正午から午後零時半まで      OAPプラザ・帝国ホテル
 催太鼓氏地巡行   午後4時             天神橋1丁目
 どんどこ船宮入   午後4時15分          大阪天満宮
 水上薪能      午後6時40分          帝国ホテル大阪
 催太鼓宮入     午後9時から午後9時半まで    大阪天満宮
 獅子舞宮入     午後7時半から午後8時半まで   大阪天満宮 

 7月25日(木)本宮

 本宮祭       午後1時半から午後2時まで    大阪天満宮  
 神霊移御      午後2時15分から午後3時まで  大阪天満宮
 陸渡御列出発    午後3時半から午後6時まで    大阪天満宮
 船渡御列出発    午後5時半            天神橋
 船渡御       午後6時から午後9時まで     大川
 船上祭       午後7時半            特別観覧席付近
 奉納花火      午後7時半から午後8時50分まで 大川
 催太鼓宮入開始   午後9時から午後9時半まで    大阪天満宮 
 還御祭       午後10時から午後11時まで   大阪天満宮 

天神祭2019の見どころ

 見どころはたくさんあります。さすが、日本三大祭りのひとつといえるでしょう。魅力満載です。

*宵宮の鉾流神事(ほこながししんじ)

 神事の後、神童、神職、楽人が乗った斎船(いつきぶね=小舟)が鉾流橋の斎場から堂島川へとこぎ出されます。神童がこの時、船上から神鉾を流し、ご神意をうかがいます。この神事におよって、天神祭は始まります。

*本宮の陸渡御

 神霊移御で、菅原道真公の御神霊が「御鳳輦(ごほうれん)」と呼ばれる神輿に奉安されると、催太鼓を先頭に、約3000人が船渡御の乗船場である天神橋まで約3キロを歩きます。陸渡御は以下のような構成となります。

 第一陣

 催(もよおし)太鼓
  ↓
 猿田彦
  ↓
 神鉾
  ↓
 地車
  ↓
 獅子舞
  ↓
 狸々(しょうじょう)山車
  ↓
 采女
  ↓
 稚児
  ↓
 文車(ふぐるま)
  ↓
 牛曳(うしひき)童児
  ↓
 御旗
  ↓
 風流花傘
  ↓
 神饌唐櫃(しんせんからびつ)

 第二陣

 総奉行
  ↓
 前行
  ↓
 前衛
  ↓
 御羽車
  ↓
 御太刀
  ↓
 御錦蓋
  ↓
 御菅蓋
  ↓
 御鳳輦
  ↓
 神童
  ↓
 斎主

 第三陣

 鳳御輿
  ↓
 玉神輿

 また、陸渡御の通過時間はは以下のようになっています。

 午後3時半 天神橋一丁目付近
  ↓
 午後4時  西天満交差点付近
  ↓
 午後4時半 老松通り付近
  ↓
 午後5時  大江橋、大阪市役所前
  ↓
 午後5時半 天神橋北詰(乗船場)に到着

*本宮の船渡御

 陸渡御の約3000人が天神橋北詰に到着すると、花火が打ち上げられ、船渡御が始まります。船渡御は第一船団、第二船団のふたつに分かれて、渡御を行います。合わせて、100隻、1万人の人々が参加、約7キロを2、3時間かけて渡御します。

 ・第一船団

 陸渡御を行ってきた祭祀関係の船で構成されます。船団は、天神橋付近から上流に向かって進み、飛翔橋で折り返して天神橋に戻ってきます。
 
 御神霊を乗せた御鳳輦船や、御羽車、鳳神輿、玉神輿を乗せた奉安船では、「船上祭り」の神事が行われます。神様に船上から氏子や市民の生活を見てもらい、平安と繁栄を祈願するものです。特別観覧席から、これらの神事を目にすることができます。 

 ・第二船団

 天神祭の協賛関係の船で構成されます。御神霊を迎える奉拝船を中心とする船団は、第一船団とは逆に、飛翔橋から下流に向かって進み、天神橋で折り返して飛翔橋に戻ってきます。

 第一船団、第二船団とは別に、どんどこ船、人形船などが川を行き来し、船渡御を盛り上げます。

*本宮の奉納花火

 奉納花火が大川をはさんだ両岸の川崎公園と桜宮公園の2か所から打ち上げられ、祭りは華やかさを増します。花火は4000発~5000発に及び、船のかがり火と美しいコントラストを際立たせます。毎年約130万人が見物します。

 源八橋、桜宮橋、川崎橋からの花火見物もおすすめです。

スポンサードリンク

天神祭へのアクセス

 JR大阪天満駅から徒歩約5分
 地下鉄南森駅から徒歩約5分

天神祭―火と水の都市祭礼
日本の祭り/神田祭、天神祭、青森ねぶた祭、山形花笠まつり、他【新品DVD6枚組】

まとめ

 大阪を代表する夏祭りです。生國魂神社の生玉夏祭、住吉神社の住吉祭と並んで、大阪三大夏祭りとなっています。2019年の概要で振り返るだけでも、2021年は神事のみというのはとても残念です。

 2022年こそ、コロナ終息を経て、神輿担ぎの熱気と、川面の涼しさを体感しながら、神輿渡御と花火を見ましょう。印象に残る1日になるはずです。 

あわせて読みたい
神田祭2021 神田明神の祭りの特徴や由来は? 日程やスケジュールも紹介
鳥越祭2021 鳥越神社の大祭 日程や見どころは? 千貫神輿の渡御は中止
川崎大師風鈴市2021 風鈴の値段や種類は? 記念の御朱印もゲット

関連記事広告