大國魂神社すもも祭2021 日程や由来、見どころは? なぜ、すもも? 

 日本各地には、面白い名前のお祭りがたくさんあります。大國魂神社(東京都府中市)のすもも祭もその一つでしょう。すもも祭はどんな祭で、日程や由来、見どころはどうなっているのでしょうか。なぜ、すももが祭の名前になったのかも含めて、すもも祭についてまとめました。

大國魂神社すもも祭2021の日程や由来、見どころは? なぜ、すもも?

 大國魂神社すもも祭は毎年7月20日に行われていますが、新型コロナウィルス感染防止で三密を避けるため、2021年は、

 7月18日(日)午前9時から午後5時まで
 7月19日(月)午前9時から午後5時まで
 7月20日(火)午前6時から午後7時まで

 大國魂神社(東京都府中市宮町3-1)

 で開かれます。

スポンサードリンク

大國魂神社すもも祭の由来 なぜ、すもも?

 大國魂神社すもも祭は、古い歴史に基づいて行われています。

 大國魂神社の公式ホームページなどによると、源頼義、義家父子が前九年の役(1056年から1062年)で、奥州安倍氏を平定したのに伴うものです。

 源頼義、義家父子は奥州に向かう途中、大國魂神社で戦勝祈願を行い、平定が無事終わったため、帰途、戦勝のお詣りに立ち寄り、神饌の一つとして、すもも(李)を供えたのだそうです。

 以来、境内では、すもも市が行われるようになりました。なぜ、すももなのか、がわかります。

スポンサードリンク

大國魂神社すもも祭の見どころ

 いつもの年なら、すもも祭の当日、境内には、すもも売りの露店が並びますが、2021年は、新型コロナウィルス感染防止のため、すもも売りの露店はでないことになりました。

 縁起物の「からす団扇」や「からす扇子」は3日間、頒布されます。

 ホームページによると、これらの「カラス団扇」「からす扇子」は

 あおぐと、

 ・農作物の害虫が駆除される
 ・病人はただちに治る

 玄関先に飾ると、

 ・魔を除いて、その家に幸福が訪れる

 といいます。

 ぜひとも、手に入れたいものです。印象に残るひと時になるはずです。

週刊 神社紀行 35 氷川神社 大國魂神社 けやきの参道が誘う武蔵の社

大國魂神社へのアクセス

 京王線府中駅から徒歩約5分
 JR武蔵野線・南武線府中本町駅から徒歩約5分

まとめ

 このすもも祭を調べると、まず、すももが古くから日本で食べられていたことがわかります。また、前九年の役の歴史も学ぶこともできます。すもも祭を機に、もう一度、祭りの文化的意義に思いを馳せたいものです。

あわせて読みたい
八王子まつり2021年は中止 2019年の概要で、日程や由来、見どころを振り返る
川崎大師風鈴市2021 風鈴の値段や種類は? 記念の御朱印もゲット
入谷朝顔市 2021年は中止 通販での購入がおすすめ 2019年概要も

関連記事広告