「山の日」は、なぜ、いつからできた(由来)? 毎年固定の祝日?

 日本には四季に富んだ自然があります。そんな自然に親しむひとつの機会として、「山の日」があります。「山の日」は、なぜ、いつからできたのでしょうか。由来や、毎年固定の祝日なのかを含めて、「山の日」についてまとめました。

「山の日」は、なぜ、いつからできた(由来)?

 日本山岳会や自然保護団体、さらには、独自の「山の日」を制定していた地方自治体などから、国民の祝日としての「山の日」制定を求める声が高まったことが、「山の日」ができた背景にあります。

 これらの団体が2013年4月、超党派の議員連盟「山の日制定議員連盟」を設立、同年11月、盆休み前の8月11日を「山の日」とすることを決定しました。2014年5月には、国会の衆院、参院に、8月11日を山の日とする法案が提案され、賛成多数で可決されました。

 「山の日」は当初、「山の日制定議員連盟」の総会でいったん、8月12日に制定された経緯があります。しかし、8月12日だと、日本航空123便が群馬・御巣鷹山に墜落した「日航機撃墜事故」と同じ日となるため反対が出て、8月11日になりました。

 山の日は、2016年1月1日施行の祝日改正法によって正式に制定されました。「山の日」は、国民の祝日に関する法律に基づき、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日であると規定されています。

 8月13日から始まる盆休みと、山の日に、平日が1日挟まる形になりました。
 
 祝日は、6月と8月にありませんでしたが、祝日のない月が6月のみとなりました。

スポンサードリンク

日本は、山の国

 いち早く2010年から、「山の日」制定の運動を開始した日本山岳会など山岳関係の5団体は、そのパンフレットで以下のように、「山の日」制定の意義を訴えています。

 「日本は山の国です。古くから日本人は山に畏敬の念を抱き、森林の恵みに感謝し、自然とともに生きてきました。山の恩恵は渓谷の清流を生み、わが国を囲む海へと流れ、深く日常生活とかかわりながら、豊かな心も育んできました。わが国の文化は『山の文化』と『海の文化』の融合によってその根幹が形成されたといわれます」(公式サイトから)

 山の文化がよくわかります。

スポンサードリンク

「山の日」は毎年固定の祝日?

 「山の日」は毎年8月11日と決まっています。固定の祝日と言えるでしょう。

 ただ、2020年、2021年は、東京オリンピックの関係で、「山の日」が変りました。

 2020年は8月9日(日)に東京オリンピックの閉会式が開かれる予定だったため、8月10日(月)に、1日前倒しされました。東京都中心部の混雑緩和のためでした。

 東京オリンピックは2021年に1年延期されました。閉会式の8月8日(日)に合わせて、「山の日」も8月8日(日)に前倒しされました。理由は同様に、東京都中心部の混雑緩和のためです。8月11日(月)は振替休日となります。

『山と食欲と私』公式 鮎美ちゃんとはじめる山登り―気軽に登れる全国名山27選ガイド―

【特典付き】【国内正規品】SEIKO セイコー 腕時計 SBEL009 メンズ PROSPEX ALPINIST 山の日限定1000本 Bluetooth通信機能 ソーラー

まとめ

 
 地方自治体がすでに制定している「山の日」は、13府県であります。

 信州山の日   7月第4日曜日  長野県
 富士山の日   2月23日    静岡県
 おおさか山の日 11月第2土曜日 大阪府

 などです。

 国民の祝日である「山の日」や13府県の「山の日」を機に、もう一度、山の大切さについて考えたいものです。山にでかけるのもいいでしょう。

あわせて読みたい
お盆休み2021年は、いつからいつまで? 何日間が多い? 企業、官公庁、銀行、郵便局別に

関連記事広告