高円寺阿波踊り2021年の日程や由来、見どころは? 徳島にも匹敵する人気に!

 阿波踊りは徳島県の郷土芸能ですが、今や、全国各地で行われるようになり、人気は急上昇しています。東京・高円寺で行われる「東京高円寺阿波おどり」も60年以上続き、すっかり、「夏の風物詩」として定着してきました。

 毎年100万人近くが訪れる大きなイベントで、本家の徳島にも匹敵する魅力を備えています。

 東京高円寺阿波おどりの2021年の日程や由来、見どころを探ってみました(トップのイラストは、いらすとやのものです)。

高円寺阿波踊り2021年の日程は?

 東京高円寺阿波踊り振興協会の公式サイトによると、高円寺阿波踊りは毎年毎年8月の最終土曜日、日曜日に、JR中央線高円寺駅と東京メトロ丸の内線・新高円寺駅の2つの駅の周辺の商店街と高南通リ行われていますが、2021年は、屋外での開催は、新型コロナウィルス感染防止のため、中止となりました。

 これに伴い、屋内での公演が計画されています。

 8月28日(土)
 8月29日(日)
 9月25日(土)
 9月26日(日)

 の4日間、「座・高円寺(杉並区立杉並芸術会館」で行われます。

 ただ、新型コロナウィルスの感染状況に応じて中止の可能性もあります。

スポンサードリンク

東京高円寺阿波おどりの由来

 東京高円寺阿波おどりは1957年(昭和32年)、高円寺の街の活性化を目指して、高円寺のひとつの商店街が企画し、始めました。

 翌年からは、周辺の商店街、町会、自治会などが次々と参加するようになり、現在は、踊り手約1万人、観客約100万人近くを数えるイベントにまで発展しました。

 公式サイトは、「東京の夏を代表する風物詩と言われるまでに成長してきました」としています。

ぞめき壱 高円寺阿波おどり(2枚組)

東京高円寺阿波おどりの見どころ

 毎年、屋外で開催される東京高円寺阿波おどりの見どころは以下のようになっています。

 毎年、阿波おどりの連(グループ)には、東京都をはじめ、神奈川県、埼玉県、千葉県、さらには、本場の徳島などから参加しています。約160連で、午後5時から一斉に街を踊り、歩いています。

 関東では最大級の阿波踊りとして、熱気に包まれます。

 連は8か所に分かれて、踊りをスタートします。

 8か所は、演舞場と呼ばれており、以下の通りです。

 ・純情演舞場
 ・パル演舞場
 ・ルック第1演舞場
 ・ルック第2演舞場
 ・ひがし演舞場
 ・中央演舞場
 ・桃園演舞場
 ・みなみ演舞場

 スタートした後は午後8時まで、残りの演舞場を踊りながら巡ります。

 観客は、これらの演舞場で、それぞれの連の阿波踊りを見ることができます。

スポンサードリンク

東京高円寺阿波おどりへのアクセス

 JR中央線高円寺駅
 東京メトロ丸の内線・新高円寺駅

 となります。

当日出荷可能 阿波踊り足袋 29 30 阿波おどりたび 祭り足袋 たび 4枚こはぜ 表綿100% 裏ゴム2度塗り 阿波踊りゴム引き足袋(追跡可能メール便は 1回1枚まで)

◇まとめ

 都心で気軽に見ることのできる阿波踊りです。2021年は、屋外での開催はありませんが、2022年こそ、コロナ終息を経て、阿波踊りの楽しさを満喫したいものです。

あわせて読みたい
浅草ほおずき市2021年は中止 歴史や由来は? 2019年の概要で振り返る
三嶋大祭りは三嶋大社のお祭り 2021年は中止 2019年の概要で、日程や由来、見どころを振り返る
祇園祭はどんな祭り? 2021年の日程や見どころは? 山鉾巡行などが中止

出発3日前まで予約OK!お得な新幹線+宿セットプランは日本旅行♪

  
関連記事広告