土石流と土砂崩れの違いは? 発生の特徴をわかりやすくチェック! 

 静岡県熱海市で7月3日、土石流が発生し、死傷者が出ました。土石流はどんな災害で、土砂崩れとの違いはどんな点にあるのでしょうか。土石流と土砂崩れの発生の特徴をわかりやすくチェックしました。

土石流と土砂崩れの違いは? 発生の特徴をわかりやすくチェック!

土石流の発生の特徴とは

 土石流の発生の特徴とはどんなものか、国土交通省関東地方整備局の公式サイトがわかりやすいので、以下に引用します。

 「土石流災害は、大雨がきっかけとなり、谷や斜面にたまった土砂が、雨による水と一緒に一気に流れ出して起こる災害で、流れの急な河川や、扇状地などで発生することが多いのが特徴となっています。速いスピードと強い力で、人命や家などの財産を奪い、道路や線路などの交通網に被害をおよぼします」

 熱海の土石流災害については、NHKなどがその様子をとらえたtwitterの映像を流していますから、一度、目にすると、土石流の恐ろしさがよくわかります。

 もう少し、国語辞典でもチェックしてみましょう。

 「雨水といっしょになって、土や石がはげしい勢いで山の斜面をなだれ落ちること」(例解新国語辞典=三省堂)

 「山の斜面などに堆積していた大量の土砂や石が長雨や豪雨の水を含んで一気に流れ下る現象」(明鏡国語辞典=大修館書店)

 「山崩れなどの時に起こる、土や石の泥水状の激しい流れ。山津波」(岩波国語辞典=岩波書店)

 となっています。

 「山津波」という表現が土石流の特徴をとらえています。

スポンサードリンク

土砂崩れの発生の特徴とは

 土石流災害に対して、土砂崩れはどんな災害なのか、まずは、国語辞典でチェックしてみましょう。

 「例解新国語辞典」によると、土砂崩れは、「山やがけの土砂が崩れ落ちること」となっています。

 このうち、がけ崩れ災害については、国土交通省関東地方整備局の公式サイトは、「がけ崩れ災害は、地面にしみ込んだ水分で土の抵抗力が弱くなり、弱くなった斜面が突然崩れ落ちる、急な斜面で発生する災害です。突発的に起こり、速いスピードと強い破壊力をもつがけ崩れでは、人の命が奪われたり、家なのの財産が押しつぶされるなど、悲惨な災害につながってしまう傾向があります」としています。

土石流災害 (岩波新書)
子どもの命を守る防災教育絵本2 土石流のチカラ [ 佐藤 丈晴 ]

土石流と土砂崩れの違いは?

 こうして、土石流と土砂崩れを見て来ると、どちらも危険な災害であることがわかります。

 災害の被害状況は、災害ごとに違いますから、一概に、比較はできませんが、土石流は、土砂崩れのように、上から下へと崩れるだけでなく、土石や泥が雨水で流れ落ちて移動するのが特徴です。土砂崩れに比べると、災害の範囲がより大きくなる傾向が多くなると言えるでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

 自然災害に接すると、日頃から、自分の住む地域のハザードマップをチェックしておくことが大切であることがわかります。命を守る対策も立てておくといいでしょう。

あわせて読みたい
線状降水帯はいつから注目されるように? 発生のメカニズムも簡単に説明
ゲリラ豪雨の発生の仕組みや雨量は? 原因はヒートアイランド現象と関係がある?
熱帯夜は何度から? 東京や大阪、福岡などの1年間の熱帯夜の日数は?

関連記事広告