仙台七夕まつりの由来や歴史、特徴は? 2021年は規模を縮小して開催

 青森ねぶた祭、秋田竿燈祭と並んで、東北3大祭りの一つとなっている仙台七夕まつりは、「たなばたさん」と地元で呼ばれて、親しまれています。豪華な笹飾りや花火大会などが人気で、毎年200万人以上の観光客らが訪れます。

 仙台七夕まつりの由来や歴史、特徴についてまとめました。ただ、2021年の仙台七夕まつりは、新型コロナウィルス感染防止のため、規模を縮小して2年ぶりに開催されます(イラストは、「いらすとや」のものです)。

仙台七夕まつりの由来や歴史、特徴は?

仙台七夕まつりの由来

 仙台七夕まつりは、江戸時代、文武両道を重んじた仙台藩の藩主・伊達政宗公が始めたとされています。

 「まれにあふ こよいはいかに七夕の そらさへはるる あまの川かせ」
 「七夕は としに一たひ あふときく さりてかへらぬ 人のゆくすえ」
 「七夕の 一夜の契り 浅からす とりかねしらす 暁の空」

 伊達政宗公は、こんな和歌を詠んでいます。

 まつりは、年に1度、出会うという織姫、彦星の物語から、さまざまな願いを短冊に書き、その短冊を笹の葉に飾るものです。

仙台七夕まつりの歴史

 まつりは昭和初期の経済大恐慌の影響で規模が縮小されました。また、第二次世界大戦後は休止となる苦難の歴史も経ました。しかし、戦後、地元商店街によって復活され、その後、笹飾りは年々、豪華になってきました。

スポンサードリンク

仙台七夕まつりの特徴

 七夕と言えば、7月7日ですが、仙台七夕まつりは毎年、旧暦の七夕にあたる8月7日をはさんで行われます。

 2021年に開催された時は、

 8月6日(金)
 8月7日(土)
 8月8日(日)

 の3日間、

 仙台市内の中心部の匂当台公園市民広場などで行われます。

仙台七夕まつり 歴代ポスター大全集

笹飾り

 七夕まつりというだけに、何と言っても、笹飾りと呼ばれる七夕飾りが人気です。高さ10メートルほどの吹き流しが多く、5本で1セットとなっています。地元の商店街や企業、町内会などが数か月をかけて、主に和紙で作製したもので、吹き流しのトップには、先祖の霊を慰めるという意味の丸い「くす玉」飾りが付いています。

 毎年、一番町のアーケード街には毎年、約300本の吹き流しが飾られ、その豪華さに圧倒されますが、2021年は、新型コロナウィルス感染防止で、密を避ける観点から、80本程度になります。このアーケード街を歩くだけでも、七夕まつりの雰囲気を満喫できます。夏の風物詩として、人気が高いのが実感できます。

 金、銀、銅の優秀賞も発表されます。

花火大会

 仙台七夕まつりは毎年、前夜祭の花火大会でスタートします。8月5日午後7時から午後8時30分までの間に、約16000発の花火が打ち上げられ、仙台の夜空を彩どります。毎年45万人から50万人がこの花火を楽しみます。

 ただ、2021年は、花火大会の打ち上げ時刻や場所は公表されません。仙台市内の複数個所で5分程度、花火が打ち上げられます。無観客となります。

【仙台七夕まつり 七夕七彩】仙台 宮城 仙台城 青葉城 伊達政宗 江戸 明治 大正 昭和 昔 懐かしい レトロ tanabata sendai

お祭り会場

 2019年は8月6日(火)、7日(水)、8日(木)午前11時から午後9時まで、

 匂当台公園市民広場
 定禅時通リ
 つなぎ横丁

 で開設されました。

 ただ、2021年は中止となりました。ミニコンサートやパフォーマンスなども行われません。

 毎年、飲食コーナーでは、仙台名物の牛タンをはじめ、笹かまぼこ、焼きそば、お好み焼き、焼き鳥、おでんなどを売る屋台が出店し、仙台の食を楽しむことができますが、今年は、食事は販売されません。飲料水のみの販売となります。

スポンサードリンク

仙台七夕まつりへのアクセス

電車の場合

 東北新幹線の仙台駅で下車。

飛行機の場合

 
 仙台空港。空港から電車でJR仙台駅まで約20分です。

まとめ

 仙台七夕まつりのほか、5月に行われる仙台青葉祭も、伊達政宗公を祀る青葉神社の祭りですから、伊達政宗公が今でも、文化面でも大きな影響力を及ぼしていることがわかります。青葉祭、仙台七夕まつりを機に、仙台の歴史を学んでみるのも、また、楽しそうです。

 2022年こそ、コロナ終息を経て、笹飾りなど多彩なイベントを満喫しましょう

あわせて読みたい
浅草ほおずき市2021年は中止 歴史や由来は? 2019年の概要で振り返る
那智の火祭り(扇祭り)熊野那智大社の例大祭 2021年は一般参観できず 2019年概要で日程や由来、見どころを振り返る
三嶋大祭りは三嶋大社のお祭り 2021年は中止 2019年の概要で、日程や由来、見どころを振り返る

関連記事広告