小春日和の意味や使い方は? いつ頃の季節で、俳句での季語は?

 間違いやすい、あるいは、間違って使っている日本語のひとつに、小春日和があります。小春日和の意味や使い方とはどうなっているのでしょうか。また、小春日和とは、いつ頃の季節で、俳句では、いつの季語になるのかも含めて、小春日和についてまとめました。

小春日和の意味や使い方は?

小春日和の意味は?

 小春は、旧暦で10月のことを言います。新暦では、11月から12月上旬にかけてです。日和は、天気あるいは晴天のことですから、小春日和は、晩秋から初冬にかけて、春のように温かく穏やかな天気のことを意味します。

小春日和の使い方

 メールや手紙で、時候の挨拶として、うまく使ってみたいものです。こんな具合です。

 ・厳しい寒さの中でも、小春日和が続き、暮らしやすいですね。
 ・小春日和が続いています。お元気ですか。
 ・小春日和の暖かさに感謝です。お変わりなくお過ごしですか。

 実際に一度使ってみると、しっくりきます。

スポンサードリンク

小春日和は、いつ頃の季節で、俳句での季語は?

 小春日和が11月から12月上旬にかけての天候であることがわかりましたが、では、俳句の季語はどうなっているのでしょうか。

 小春は、俳句で、冬の季語になっています。寒さの厳しさが日々、増す中で、一瞬の暖かさを表現することが多いようです。四季の移り変わりを感じ取ることができます。

図解 身近にあふれる「気象・天気」が3時間でわかる本 (ASUKA BUSINESS)

小春日和に、間違った使い方があるのは、なぜ?

 小春日和の言葉の中に、「小」さい、「春」という文字があるからでしょう。小さい春というイメージからすると、冬が終わり、これから温かい春がやって来るという印象が強くなりがちです。春の訪れというイメージでしょう。

 小春日和を正しく使っている人の割合は約6割、逆に、間違って使っている人の割合は約4割、という調査結果もあるほどです。

【夫婦箸 小春日和】 ペア箸 お箸 箸 おしゃれ かわいい セット ペア 結婚祝い 金婚式 結婚記念日 贈り物 還暦祝い 誕生日 プレゼント オシャレ めおと箸 お祝い 両親

春日和

 温かい春の陽気を示すには、春日和が適当でしょう。まさに、春の季節、そんなには暑くない、ポカポカとして快適な日を示します。

スポンサードリンク

まとめ

 言葉は、「生き物」です。実際に、小春日和を使ってみるのがいいでしょう。日常生活の中で使うことで、言葉がしっかり馴染んできます。春の季節なら、春日和を使うと、季節感を感じることができます。

 小春日和の言葉に接すると、日本語の難しさを感じることができます。また、じっくり、日本語の深みも味わいたいものです。

あわせて読みたい
末広がりの言葉の意味とは? 縁起がいい理由は? 禅語「唯心」のように、プラス思考で末広がりを活かす
秋雨前線とは、いつからいつまで? どの気団の動きで発生?
「秋の夜長」の意味や期間、季語は? どんな過ごし方がベスト? 

関連記事広告