シェア買いとは、どんな仕組み? おすすめの理由や逆にデメリットは?

 シェア買いがコロナ禍もあって、新たなショッピングスタイルとして人気になっています。シェア買いとは、どんな仕組みなのでしょうか。また、シェア買いがおすすめの理由はどんな点にあるのでしょうか。シェア買いのデメリットも含めて、シェア買いについてまとめました。

シェア買いとは、どんな仕組み?

 シェア買いとは、インターネット上のサイトやアプリを通じて、複数の人々が1つの商品を共同購入する仕組みです。共同購入することから、商品の価格が安くなるのが特徴です。

 たとえば、価格3000円の商品があったとしましょう。

 1人が別々に購入したら、価格はそのままの3000円ですが、10人で共同購入したら、この商品の価格が3000円より安い2000円や1500円になります。

 インターネット上のサイトやアプリには、共同購入できる商品が載っています。

 あと10人で共同購入は成立 価格は〇〇円
 あと 5人で共同購入は成立 価格は〇〇円
 あと 3人で共同購入は成立 価格は〇〇円

 などといった具合に商品が紹介されていますので、購入したい商品があったら、この販売に参加します。設定された制限時間内に、共同購入に必要な人数に達すれば、商品を購入することができます。

 また、購入したい商品があったら、その商品を選びます。そして、インターネット上のサイトやアプリのSNS機能で、選んだ商品の共同購入を友人や家族を中心に呼び掛けることもできます。この呼びかけの結果、必要な人数が集まれば、商品を安い価格で共同購入することもできます。

スポンサードリンク

シェア買いがおすすめの理由や逆にデメリットは?

シェア買いがおすすめの理由

 シャア買いがおすすめの理由は、シェア買いの特徴でも述べたように、何と言っても、安く購入できることでしょう。なぜ、安くなるかというと、商品を販売する業者は、消費者が大量購買することを前提に、大量に商品を仕入れるため、仕入れ価格を安く抑えることができます。

 また、消費者がSNSなどを通じて、商品の共同購入を呼び掛けるため、業者は宣伝、集客のコストも抑制できます。こうしたことから、さらに、商品の価格を安くできるという好循環が生まれます。

ソニー Xperia5 / SIMフリースマホ /【日本正規代理店品】/ 防水/防塵/Snapdragon 855 /ストレージ128GB / レッド / J9260JP R

逆にシェア買いのデメリットは?

 
 シェア買いのデメリットは、欲しい物があってもすぐに購入できないことです。シャア買いが成立するまで待たなくてはなりません。インターネット上のサイトやアプリでは、シェア買いのための制限時間が、24時間、48時間、72時間などと定められています。

 シェア買いが成立しない場合は、商品を購入できません。入金分のお金は返還されます。

 また、シェア買いのサービスはまだ新しいため、共同購入の対象となる商品が少ないことです。このため、欲しい商品が見つからないこともあります。

スポンサードリンク

赤ワイン&地ビール仕込みの ビーフシチュー 40袋 シチュー お取り寄せグルメ お取り寄せ グルメ ご飯のお供 ごはんのおとも 肉 牛肉 お肉 ディナー オードブル パーティー 冷凍 惣菜 おかず おつまみ 業務用 まとめ買い 共同購入 シェア買い オトク お買い得

まとめ

 シェア買いは、新しいショッピングスタイルとして注目されます。通販は昨年比で、20%伸び、10兆円市場に達していますが、シェア買いも市場拡大に大きく貢献しています。

 売れている物は、飲料水やお米などの重い物やステーキやビーフシチューなどの高級品です。コロナ禍で外出も難しいケースもありますから、シェア買いを一度試してみるといいでしょう。

あわせて読みたい
アドレスホッパーの意味は? 仕事や住民票、荷物など事前準備はどうする

関連記事広告