高尾山もみじまつり2021 日程や見頃、人気の紅葉スポット(場所)は? アクセスも抜群

 紅葉の名所・高尾山(東京都八王子市)で2021年も、「高尾山もみじまつり」が開かれます。赤や黄金色に染まる紅葉を思う存分、満喫することができます。紅葉の中、美味しい空気を吸って、山道を散策してみてはいかがでしょうか。ただ、2021年は、新型コロナウィルス感染防止のため、毎年土日祝日に開催されている様々なイベントは行われません。2020年に続いて2年連続の中止です。

 高尾山もみじまつりの日程や見頃、人気の紅葉スポット(場所)などを探ってみました。アクセスも抜群です。

高尾山もみじまつりの日程、場所

 2021年11月1日(月)から12月5日(日)まで。
 東京都八王子市高尾町 高尾山

まるっと 高尾山 こだわり完全ガイド 改訂版
るるぶ高尾山 (るるぶ情報版)

高尾山もみじまつり期間中の紅葉の見頃

 広葉樹が赤や黄金色に染まり始めるのは例年11月上旬で、11月中旬から下旬にかけてが見頃になります。「高尾山もみじまつり」はこの時期に合わせて毎年行われています。

 ブナ
 ナラ
 オオモミジ
 イロハカエデ
 ヤマウルシ
 ホオノキ

 などが紅葉します。

 日本の紅葉の特長は特に、赤の美しさにあり、黄金色とマッチして、一層、美が際立ちます。

スポンサードリンク

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

紅葉の時期の高尾山の魅力

 高尾山の麓から山頂まで、どこを歩いても、紅葉の美しさを楽しむことができます。滝や小川、森、林などを見ながら歩けば、楽しさは一層、増すでしょう。

 頂上に立てば、富士山や新宿の高層ビル群、さらには、関東平野を眺めることもできます。

DSC_3731

人気の紅葉スポット

 なかでも、人気の紅葉スポットを紹介しましょう。

ケーブルカー、リフト周辺

 
 麓から山の中腹まで、ケーブルカーとリフトが運行しています。ケーブルカーなどに乗ると、山の斜面で赤や黄金色に色づく紅葉を眺めることができます。まるで、紅葉のトンネルの中をケーブルカーなどで上がって行くような感覚になります。

 ケーブルカー、リフトの駅は以下の通りです。

 ケーブルカー 麓の「清滝駅」(標高201メートル)から山の中腹の「高尾山駅」(標高472メートル)まで。
リフト 麓のリフト山麓駅(標高201メートル)から中腹のリフト山上駅(標高462メートル)まで。

かすみ台展望台

 ケーブルカーの高尾山駅を降りると、すぐ近くにあります。麓の方向に目を向けると、紅葉の絶景を一望することができます。遠くには、新宿の高層ビル群を眺めることもできます。休息しながら、紅葉を見るのも楽しいものです。

薬王院

 中腹の高尾山駅から山頂に向かう途中にある寺院です。真言宗智山派の関東三大本山のひとつで、正式名称は、高尾山薬王院有喜寺です。境内でも、モミジなどの紅葉が楽しめます。

山頂

 かすみ台展望台と同様、眼下に、紅葉を眺めることができます。目を転じると、奥多摩や丹沢の山々の紅葉も見え、秋ならではの景色は印象に残るものになりそうです。

スポンサードリンク

高尾山もみじまつりのイベント

 主に、以下の3か所で毎年、イベントが開催されていますが、2021年は、2020年同様、新型コロナウィルス感染防止のため行われません。

 ・麓の「高尾森林センター」前
 ・麓のケーブルカー「清滝駅」前
 ・山腹の茶屋「十一丁目茶屋」前

 2019年は、民謡踊り、コンサート、太鼓演奏、お囃子、音楽隊の演奏などが行われ、マス酒や東京こけしが販売されました。

高尾山もみじまつりへのアクセス

 電車 京王電鉄高尾線高尾山口駅で下車
 車 首都圏中央連絡自動車道高尾山ICで降りて約3分
 中央自動車道八王子ICで降りて、国道16号、20号を通って約30分

高尾山

 秩父山地の東にある標高599メートルの山で、明治の森高尾国定公園に指定されています。都心から電車で約1時間と近く、自然が豊かなことから年間約250万人の登山者・観光客が訪れます。

 ケーブルカーやリフトが山の中腹まであるうえ、登山道もよく整備されているため、登山、ハイキングには人気で、特に、秋の紅葉シーズンは多くの人々でにぎわいます。

まとめ

 高尾山は、都心から近いうえに、豊かな自然を楽しむことができます。特に、秋の紅葉は、自然の美しさを体感できます。ぜひ、このまつりを機に訪れてみたらいかがでしょうか。有意義な一日になるでしょう。

あわせて読みたい
浅草・酉の市 2021年の日程や場所、アクセスは? 縁起物の熊手の値段は? 
箱根大名行列2021年のコースやゲスト、歴史は? 規模を縮小して開催
明治神宮秋の大祭2021 流鏑馬や能、狂言などのイベントは? 散策の楽しみ方、参拝方法も紹介

関連記事広告