車のバッテリー上がりの前兆は? バッテリーが突然、寿命を迎えてしまった経験から対策などを探る

 寒い冬がやってくれば、一気にバッテリーの機能が低下し、エンジンがかからない事態になりかねません。私も雪が降った早朝、自家用車のバッテリーが突然、上がってしまい、立ち往生したことがあります。バッテリーが突然、寿命を迎えることはないだろうと安易に考えていましたが、その突然、が起きてしまいました。

 車のバッテリー上がりの前兆はどんなものでしょうか。バッテリーが突然、寿命を迎えてしまった私の経験から、バッテリーの寿命をのばす対策などを探ってみました。

車のバッテリー上がりの前兆は?

 車のバッテリー上がりの前兆はいくつかあります。バッテリーの機能が落ちてきたと感じる兆候です。

 エンジンがかかりにくい
 パワーウィンドーの動作が鈍り、開け閉めに時間がかかる
 ライトの明るさが落ちる
 クラクションの音が小さくなる
 充電する機会が増えてきた

 などです。

 こういうことが起こってきたら、バッテリーは寿命に近づいています。

 また、バッテリーを目でチェックすることもできます。バッテリーの外部に、

 ひび割れや変形がないか
 上部に付いている+と-の端子が金具で固定されているか
 バッテリー液量が最高液面線と最低液面線の間にあるか

 を確認します。

 自動車に詳しい人なら、バッテリーの電圧をチェックして、バッテリーの状態を知ることができますが、初心者はまず、バッテリーの機能が落ちる「外見」の兆候で判断するのがいいでしょう。しっかりチェックすれば、バッテリーの状態を見極めることができます。

スポンサードリンク

車のバッテリーの寿命をのばす対策は?

 バッテリーは、車を走行させていれば、自動的に充電される仕組みになっています。ですから、車を定期的に運転するのがバッテリーの寿命をのばすための一番いい対策になります。車に乗らない期間が続くのは極力、避けましょう。

 ただ、ビジネスパーソンは毎日の仕事に追われ、なかなか車を運転することができないことも多くあります。そんな時は、週末などの休みに極力、運転するか、日頃、家族や友人、知人に頼んで、こまめに車を動かす意識が大切になります。

 「バッテリーは走って、充電」が合言葉になります。

 また、ガソリンを給油する時や、車の定期点検を受ける時に、オイルなどとともに、バッテリーをチェックしてもらうのも重要です。

 定期点検に出すと、バッテリーの状態を診断してくれます。たとえば、完全な状態を100%とし、その状態をパーセントで提示してくれます。私も最近の定期点検で、「バッテリーの状態は66%です」と言われました。最近は毎日、車に乗っていることもあり、寒さが厳しくなっても大丈夫だろうと考えていましたが、突然の雪に、バッテリー上がりが起きてしまいました。

 バッテリーが上がってしまった時は、知人らに頼んで、他の車から専用コードを使って充電してもらうか、専用のバッテリー充電器で充電するといいでしょう。

 あまり頻繁にバッテリーが上がってしまうようだと寿命ですが、ライトをつけっぱなしにしてしまったというような単発のバッテリー上がりなら、一度、充電すれば、数年使用し続けることも可能です。

 一般的な寿命を超えて、7年、8年使用できたというのは、定期的な走行、こまめなチェック、バッテリーが上がった時の応急措置をうまく組み合わせた結果です。

Panasonic ( パナソニック ) 国産車バッテリー Blue Battery カオス 標準車(充電制御車)用 N-100D23L/C7

車のバッテリーの仕組み・重要性

 車はいろいろな部品でできていますが、バッテリーは、エンジンと並んで重要なパーツです。エンジンは車を動かす動力になりますが、バッテリーは、そのエンジンを始動させます。車の運転席に座ったものの、なかなかエンジンがかからず、時間ばかり費やす時には、バッテリーの重要さが身にしみます。

 車には、冷、暖房、オーディオ、カーナビなどの電子機器が装備されていますが、それらの電子機器を動かすのもバッテリーです。バッテリーはまさに、エンジンとともに、人間の体の「心臓部」に相当すると言えるでしょう。

あす楽 カオス N-125D26R/C7 パナソニック カーバッテリー 標準車(充電制御車)用 バッテリー 車 新品 新発売

車のバッテリーの寿命

 バッテリーには、電力が蓄えられていますが、永久に使用できるわけではなく、寿命があります。消耗品です。後述するように、使い方によって、その寿命は大きく異なりますが、一般的に、バッテリーの寿命は、2~5年と言われています。

スポンサードリンク

車のバッテリーの値段

 値段は、安いものなら、5000円くらいからありますが、高価なものは数万円になることもあります。一概には言えませんが、高価なものほど性能にも優れており、長持ちします。

 バッテリーが上がってしまったというトラブルは、

 キーを車内に忘れてドアを閉じてしまった
 落輪してしまった
 燃料が切れてしまった

 などを抑えて、常にトップです。バッテリーの寿命を常に意識し、トラブルに巻き込まれないようにしたいものです。

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

まとめ

 バッテリーが上がってしまった時、私は、JAFに頼んで、バッテリーを充電してもらい、カー用品専門店で、新しいバッテリーを購入しました。私は長年、自家用車を持っていませんでしたので、JAFに加入していませんでしたが、緊急事態に備えて、JAFに加入しておくことも大切であることを痛感しました。

 バッテリーが上がってしまったのは、商業施設の駐車場でしたが、JAFを待つ時間はとても長く感じられました。バッテリーは、厳しい冬、冷房を頻繁に使用する盛夏をどの乗り切るかで、その寿命を延ばすことができます。冬には、1度気温が低下するだけで、バッテリーの機能は大幅に低下します。ぜひとも、バッテリーをうまく使って、ドライブを快適なものにしたいものです。

あわせて読みたい
大雪警報、大雪注意報の発令基準の違いとは? 発令条件を知り、対策を万全に!
冬将軍の由来となった人物とはナポレオン? 意味や、英語での表現は?
空飛ぶ車(クルマ)の仕組みやメリットは? ヘリコプターとの違いは? 

関連記事広告