大寒とは、どんな読み方をし、どんな意味がある? 2022年は、いつ?

 本格的な冬に入って、寒さを増して来ると、大寒を迎えます。大寒とは、どんな読み方をし、どんな意味があるのでしょうか。大寒は2022年、いつなのかを含めて、大寒についてまとめました。

 1年の季節の推移を24に区切った二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつである大寒を深く知りましょう。

大寒とは、どんな読み方をし、どんな意味がある?

大寒とは、どんな読み方をする?

 大寒とは、「だいかん」との読み方をします。音からだけでも、厳しい寒さが伝わってくるようです。

 大寒は、

 春分
 夏至
 冬至

 などとともに、良く知られた二十四節気ですので、読み方で間違える方は多くないでしょう。しっかり確認しておきましょう。

大寒とは、どんな意味がある?

 大寒とは、どんな意味があるか、本や国語辞典でチェックしてみます。

 「プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本」をチェックすると、大寒は、

 「1年で最も寒い頃。年間最低気温も、大体この頃に観測される」

 となっています。

 また、例解新国語辞典(三省堂)によると、

 「一年中で寒さのもっともきびしいころとされる」

 となっています。

 冬の二十四節気からすると、

 立冬
  ↓
 小雪
  ↓
 大雪
  ↓
 冬至
  ↓
 小寒
  ↓
 大寒
 
 となっています。

 冬の二十四節気では最後です。

 寒さが厳しく、2年の最低気温を記録することもあります。ただ、その寒さの中でも、少しずつ春の気配を感じるようになります。「三寒四温」という言葉は、この頃の季節を表しています。

 3日間くらい寒い日が続くと、その後は、4日間くらいあたたかい日が続くという意味です。冬から初春にかけての天候を表現しています。梅が咲き始め、大寒を過ぎると、桜の季節も迎えます。

スポンサードリンク

史上最強カラー図解 プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本
異常気象 天気のしくみ (学研の図鑑LIVEeco) [ 武田康男 ]

大寒は、2022年は、いつ?

 太陽暦では、1月20日頃になります。2022年は、1月20日(木)になります。

 この日から、次の二十四節気である立春(2022年は2月4日)の前日までの期間を指すこともあります。

スポンサードリンク

まとめ

 大寒の頃の水は、「寒の水」と呼ばれます。冷たいけれど、雑菌も繁殖しないとされるため、この寒の水を使って、日本酒や醤油、味噌が仕込まれます。「寒仕込み」です。

 こんな寒仕込みという食文化から、大寒を感じてみるのもいいでしょう。日本の四季の良さを感じ取ることができます。

あわせて読みたい
冬将軍の由来となった人物とはナポレオン? 意味や、英語での表現は?
大雪警報、大雪注意報の発令基準の違いとは? 発令条件を知り、対策を万全に!
年末年始休み2021-2022 期間は、いつからいつまで? 仕事(官公庁、銀行、民間企業、サービス業)別に

関連記事広告