亀戸天神梅まつり2022年の開花状況や見頃は? 日程やアクセスは?

 菅原道真が祀られている亀戸天神(東京・江東区)で2022年も梅まつりが開かれます。「五賢の梅」など白梅や紅梅約300本の梅の花を楽しむことができます。亀戸天神梅まつりの開花状況や見頃はどうなるでしょうか。日程やアクセスも含めて亀戸天神梅まつりについてまとめました。

亀戸天神梅まつり2022

 亀戸天神梅まつり2022年の日程や場所は以下のように予定されています。
 
 2022年2月6日(日)から3月7日(月)までです。
 亀戸天神 東京都江東区亀戸3-6-1
 電話 03-3681-0010
 主催 亀戸天神梅まつり実行委員会
 無料

ポスター 歌川広重亀戸天神神社看板 A3サイズ [インテリア 壁紙用] 絵画 アート 壁紙ポスター
 

亀戸天神梅まつりの開花状況や見頃は?

 菅原道真が梅好きだったことから、境内には、湯島天神と同様、約300本の梅の木があります。

 白梅や紅梅が1月中旬から咲き始め、2月中旬から3月初旬にかけて満開になります。2月下旬が見頃となりそうです。亀戸神社のホームページで開花状況を随時、追うといいでしょう。

亀戸天神の歴史

 亀戸天神社は、菅原道真公の末裔で、大宰府天満宮の神官だった菅原信祐が文久6年(1661年)、本所亀戸村に道真公の像を奉祀したのが始まりです。

 徳川4代将軍・家綱が翌年、太宰府天満宮にならって、社殿などを設けました。

スポンサードリンク

「五賢の梅」

 菅原道真の像のそばにある「五賢の梅」が有名で、1本の木に、白梅と紅梅が咲きます。一度は観ておきたい梅の名木です。

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス
オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

亀戸天神梅まつりへのアクセス

 最寄駅は、JR総武線・亀戸駅、錦糸町駅、地下鉄半蔵門線・錦糸町駅、押上駅です。
 いずれも徒歩で15分くらいです。

まとめ

 梅の観賞は、江戸中期、生活が安定したことから、「梅見」として人気になりましたが、脈々と、その人気が続いてきたことが実感できます。2022年も、新型コロナウィルスの感染防止にも努めたいものです。

あわせて読みたい
亀戸天神・藤まつり2019 日程や見頃、ライトアップは? 江戸時代からの藤の名所を訪れる
湯島天神梅まつり2022の 見頃や開花状況は? ライトアップやアクセスは?
池上梅園2022年の梅の開花状況や見頃は? アクセスを地図で確認!
水戸の梅まつり2021 開花状況や見ごろは? 偕楽園と、弘道館で梅を満喫
ウォーキングのすごい効果とは? 脳活性化などメンタルにもメリット

関連記事広告


 

 、