灘のけんか祭りの歴史は? 2022年の日程や場所、見どころは?

 祭りの名前を聞くだけでも勇壮さを感じられる「灘のけんか祭り」は松原八幡神社のお祭りです。新型コロナウィルス感染防止のため、2020年、2021年は一部のイベントを自粛して開催されましたが、2022年は従来通りの形で行われることになりました。

 灘のけんか祭りの歴史はどうなっているのでしょうか。また、2022年の日程や場所、見どころはどうでしょうか。灘のけんか祭りについてまとめました。

灘のけんか祭りの歴史は?

 松原八幡神社の公式ホームページなどによると、灘のけんか祭りは、旧暦8月15日に松原八幡神社で行われていた「放生会(ほうじょうえ)」が起源とされています。放生会とは、生き物を殺生しないよう逃がしてやる儀式で、全国各地の八幡神社で行われていました。

 松原八幡神社では、11世紀から12世紀にかけて、放生会が始まったとみられています。

 その後、15世紀半ば、播磨の守護大名赤松政則が同神社に田地や米を寄進したのを、氏子たちが喜び、壇尻や神輿を担いで、近くの御旅山(おたびやま)に上りました。この時に、祭りの内容は放生会から大きく変わり、さらに、江戸時代になって現在のような祭りになりました。

 当初、祭りは旧暦8月15日に行われていましたが、明治時代、太陽暦が採用されて、現在の10月15日に行われることになりました。

 白浜町はかつて妻鹿と言われたため、灘のけんか祭りは、「妻鹿のけんか祭り」とも言われて親しまれています。毎年15万人の人々でにぎわいます。

スポンサードリンク

灘のけんか祭り2022年の日程や場所、見どころは?

灘のけんか祭りの2022年の日程や場所は?

 灘のけんか祭りは毎年、10月14日と10月15日に、松原八幡神社 兵庫県姫路市白浜町、姫路市南東部の灘地区、御旅山で開催されています。

 2022年も10月14日(金)、15日(土)に行われます。

日本の祭り(週刊朝日百科) 灘のけんか祭り・伊勢大神楽・神嘗祭 (16号)
日本の祭り(4(近畿編)) [ 理論社 ]

灘のけんか祭り2022年の見どころは?

 10月14日が、宵宮
 10月15日が、本宮

 になっています。

宵宮

 10月14日の宵宮では、

 東山
 八家
 木場
 松原
 妻鹿
 宇佐崎
 中村

 の7つの地区の氏子たちがそれぞれの地区の7基の屋台を担いで、松原八幡神社に集まり(宮入り)、練り合わせを行います。

本宮

 10月15日の本宮では、松原八幡神社の

 一の丸
 二の丸
 三の丸

 の3基の神輿による合わせ(ぶつかり合い)が境内で行われます。これら3基の神輿を担ぐ男たちは、豪快に、神輿をぶつけ合います。相手の神輿を倒したほうが勝ちとなります。

 さらに、この後、3基の神輿は、御旅山に向かい、ここでも、合わせ(ぶつかり合い)を行います。7基の屋台は練り合わせを行います。祭りは最高潮に達します。「けんか祭り」の名称通りのものとなります。

スポンサードリンク

灘のけんか祭りへのアクセス

・電車の場合

 松原八幡神社へ 山陽電車・白浜の宮駅下車 徒歩で約5分

・車の場合

  松原八幡神社へ 播但連絡有料道路姫路JCTから約10分

 

灘のけんか祭りのまとめ

 新型コロナウィルス感染防止のため、2020年は、神輿合わせ(ぶつかり合い)と屋台の練り合わせが中止となりました。これは、昭和天皇の容体が悪化した1988年以来となりました。また、2021年も、神輿合わせ(ぶつかり合い)などの神事は行われましたが、規模が縮小されて行われました。

 2022年は従来通り、完全な形で、日本で有数のけんか祭りとして人気がある灘のけんか祭りを楽しむことができます。

あわせて読みたい
お盆休み2022年は、いつからいつまで? 何日間が多い? 企業、官公庁、銀行、郵便局別に
「秋の夜長」の意味や期間、季語は? どんな過ごし方がベスト? 
中秋の名月の読み方や意味、由来は? 食べ物やお供え物は? 2021年はいつ?
秋雨前線とは、いつからいつまで? どの気団の動きで発生?



あわせて読みたい
朝日新聞デジタル 紙面との違いは? レビューでメリット、デメリットを比較
就活におすすめの新聞は、どこの新聞? いつから読むべきか?