ひな祭りの食べ物、飲み物は? 「行事食」の意味や由来も知って  

 3月3日は、桃の節句のひな祭りです。小さな女の子の健やかな成長を願う伝統行事です。「行事食」とも言われる食べ物や飲み物にはどんなものがあり、どんな願いが込められているのでしょうか。「行事食」の意味や由来を知って、楽しいひな祭りにしたいものです。

ひな祭りの食べ物や飲み物は?

 ひな祭りの食べ物、飲み物として代表的な物には、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物、菱餅、ひなあられ、白酒があります。では、早速、それぞれの食べ物、飲み物につて、意味や由来を探っていきましょう。

ちらし寿司

 写真のように、見るだけで美しく、楽しくなります。小さな女の子のお祝いごとにぴったりの料理です。寿司は、寿(ことぶき)を司(つかさどる)という意味があると言われます。

 まぐろのピンク、エビのオレンジ、イカ、ご飯の白、ごぼうやいくらの紅、ウニの茶色、キュウリや、しその葉の緑、大豆の黄色・・・。どう、配色してもいいでしょう。

 バラエティーに富んだちらし寿司は、お祝い気分を一気に高めてくれます。

 豆には、まめに健康で、穴のあるれんこんには、見通しよく、そして、エビには、腰が曲がるまで長生きを、という願いが込められていると言われます。

はまぐりのお吸い物

 二枚貝のはまぐりは、対になる貝殻しか合わさりません。こんな特徴から、2枚の貝は、夫婦を表し、女の子が成長して結婚したら一生、夫とともに仲良く暮らせますようにとの願いが込められています。

 平安時代には、宮中の高貴な女性たちが、貝殻合わせを楽しんだと言います。対となる貝殻の内側に絵を描き、裏返して、かるた合わせのように、2枚の貝が合うように取り合ったそうです。そんな昔からの楽しい遊びも、はまぐりにはあります。

 これらを知ると、はまぐりのお吸い物は美味しさを増すかもしれません。

菱餅

 緑、白、ピンクの3色の餅をひし形に切り、三段に重ねたものです。緑は長寿や大地、白は清廉や雪、ピンクは悪魔祓いや桃の節句を意味するとされています。

 また、緑の餅にはよもぎ、白の餅にはひしの実、ピンクの餅にはくちなしが入れられることが多く、よもぎには増血、ひしの実には血圧降下、くちなしには解毒の効果がそれぞれあります。

 色を楽しむだけでなく、健康にもいい食べ物になっています。

ひなあられ

 お菓子のひなあられも、緑、白、ピンク、場合によっては、黄色が加わることもあります。色の持つ意味は、菱餅と同じです。小さな女の子が健やかに成長するように、との願いは、ちらし寿司などと共通します。

白酒

 白酒の起源は、中国から入ってきた「桃花酒(とうかしゅ)」です。桃のピンク色は菱餅のピンク色と同じように、悪魔祓いの意味があります。

 また、「もも」が、「百歳(ももとせ)」の「もも」と同じことから、長寿を願って、庶民が飲んでいました。それが、江戸時代になると、老舗の酒蔵が作った「白酒」が人気となり、桃花酒に代わりました。

まとめ

 食べ物、飲物のひとつひとつに、「物語」があります。桃の節句は、1年に5つある五節句のひとつで、七草粥を食べる人日の節句(1月7日)に次いでやってきます。この後は、端午の節句(5月5日)、七夕の節句(7月7日)、重陽の節句(9月9日)と続きます。これらの五節句に思いをはせながら、桃の節句を迎えてもまた、楽しいでしょう。

 トップの写真は、ひな祭りに合わせて、川崎市内の大型スーパーで購入したちらし寿司です。

スポンサードリンク
<