インドでは感染症に注意 その一つのデング熱の時期や症状、予防法は?

 インドは、日本に比べると、衛生状態が悪く、駐在したり、旅行したりする際は、感染症に注意することが必要です。その感染症の一つであるデング熱の時期や症状、予防法はどうなっているのでしょうか。

 インド・ニューデリー駐在中、デング熱に罹り、感染症の怖さを知った私の経験も含め、デング熱についてまとめました。

インドでは感染症に注意 その一つのデング熱の時期や症状、予防法は?

アメーバ赤痢、腸チフス、デング熱?

 
 「アメーバ赤痢か、腸チフスか、デング熱か、の3つのうち、どれかに間違いありません」

 病気になって、地元のクリニックを受診すると、インド人医師が、こう言って、診断してくれました。

 アメーバ赤痢
 腸チフス
 デング熱

 3つの病気とも感染症です。

 どの病気も大変だぞ、という思いと交錯し、この言葉は今もって、忘れることができません。

 結局、その後の検査、診断で、デング熱であることがわかりました。

デング熱とは?

 デング熱は、デング熱ウィルスによろ感染症です。

 デング熱に感染した人の血を吸った蚊が、新たに人を刺すことでウィルスが感染して発症します。このウィルスを運ぶのは、

 ヒトスジシマカ
 ネッタイシマカ

 で、普通の蚊より少し大きいのが特徴となっています。

スポンサードリンク

デング熱の時期は?

 デング熱の時期は、雨期の後、蚊が増える時期で、ニューデリーなどインド北部では、毎年8月末頃から11月にかけて、デング熱が流行します。

デング熱の症状は?

 蚊に刺されてから2日から数日間の潜伏期間を経て発症します。以下のような症状がみられます。

 頭痛
 発疹
 骨関節痛
 のどの痛み
 嘔吐
 震え

 などです。

 私の場合も2日後に発症し、40度以上の高熱と骨関節痛が3日間くらい続きました。体はふらふらになり、意識が時々、おぼつかなくなりました。感染症の怖さを身を持って体験しました。

あわせて読みたい
インドの治安情勢はまず、日本の外務省情報でチェック ソフトターゲットへのテロに警戒
インドで英語は通じる? 特徴と、なまりで聞き取れない場合の対応は?

デング熱の治療法は?

 デング熱に効く治療薬はなく、対処療法で体力の回復を図ります。つまり、ゆっくり体を休めることで回復するしかありません。私も食欲がなくなりましたが、1日1本のバナナを体力をつけるために、必死に食べたのを覚えています。

 私がデング熱に罹った時は、体力のないお年寄りや子供たちが死亡したという報道が多くありました。

 急激な血圧低下や、内臓破裂などが主な死因です。重症化することがある怖い感染症です。

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス
楽天トラベル

デング熱の予防法は?

 デング熱は、予防接種の対象になっていません。このため、蚊に刺されないよう注意することが必要です。蚊は水分の多い場所を好みますので、ペットボトルなどを置いておかない方がいいでしょう。

 私の場合も、私を刺したと思われる蚊がペットボトルの中に入っており、同僚から、「この蚊ですね」と指摘されたのを覚えています。

 インドは暑いので、半袖、半ズボンで過ごすことが多いですが、長袖、長ズボンなどで肌を出さないように心掛けることも大切です。

スポンサードリンク

まとめ

 インドでは、暑さや衛生状態の悪さなどから、日々、暮らすのにエネルギーがいります。デング熱などの感染症に罹らないよう十分に気をつけましょう。

あわせて読みたい
インド駐在のための必需品は? おすすめを駐印経験から徹底紹介 快適に暮らすために 
インド駐在のための予防接種は? 赴任前の不安を解消 
インドカレーの特徴や種類は? 現地インドでは、下痢に気を付けてカレーを楽しむ

関連記事広告