知のソムリエ  

知性を磨く 幸福と自由、独立のために

「心に響く禅語」の記事一覧

一期一会(いちごいちえ) この禅語の意味は? 【心に響く禅語】 

 「一期一会」は、中国唐代の禅僧で、臨済宗の開祖となった臨済義玄の言葉です。「臨済録」の中にあります。「一期」とは、人間の一生、「一会」とは、たった一度会うこと、を意味しています。解釈を知ると、人生における出会いに感謝し […]

坐禅は静の修行 掃除は動の修行 枡野俊明著「片付ける 禅の作法」を読んで、心を磨く掃除の大切さを痛感

 坐禅が「静の修行」だとすれば、掃除は「動の修行」――。禅寺住職の枡野俊明さんが著書「片付ける 禅の作法」でこう書いているのを読んで、心を磨くための掃除を行っています。長年の会社人生でたまったモノがたくさんあり、時々、妻 […]

日日是好日の読み方や意味は? この禅語を座右の銘にしよう

 禅語は、人生をいかに生きるかを考えるうえで、大きな指針になります。日日是好日という禅語もその一つです。この禅語の読み方や意味はどうなるのでしょうか。禅寺住職の方々の著書から、この禅語を学んでいきます。 日日是好日の読み […]

末広がりの言葉の意味とは? 縁起がいい理由は? 禅語「唯心」のように、プラス思考で末広がりを活かす

 末広がりは、縁起のいい言葉です。結婚式や入学式、誕生日などお祝いの場で使われます。末広がりの言葉の意味は何でしょうか。また、縁起がいいと言われる理由はどうなっているのでしょうか。末広がりについてまとめました。  禅語「 […]

放下着(ほうげじゃく)の意味は? 枡野俊明さんや平井正修さんの解釈 【心に響く禅語】

執着心を捨てて、心穏やかに生きる。禅語の「放下着」には、こんな意味があります。「放下」は「捨てる」、「着」は、「何々しなさい」という命令形で、「放下着」は、「捨てなさい」ということになります。日常生活で、この「放下着」を実現するのはなかなか大変ですが、ぜひとも心掛けたい禅語です。

而今(にこん)の意味は? 今、この瞬間を大切に生きる 禅の言葉をかみしめて 【心に響く禅語】

 今、この瞬間を大切に生きる――。禅を学んでいると、こんな意味の禅語が多いことに気づきます。「而今(にこん)」もその一つです。  時は刻々とすぎていきます。  今という時間がとどまることはありません。  だからこそ、その […]