八十八夜の意味や食べ物とは? 2021年はいつ? 茶摘みの季節を迎えて

🎵夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは茶摘みじゃないか
あかねだすきに、菅(すげ)の笠🎵

 軽快なテンポ、季節感あふれる言葉の入ったこの唱歌を聞くと、心が和んできます。八十八夜の意味や食べ物とはどうなっているのでしょうか。2021年はいつになるかも含めて、八十八夜についてまとめました。

八十八夜の意味や食べ物とは?

八十八夜は雑節のひとつ

 季節を表す言葉には、

 二十四節気(立春、啓蟄、立夏、穀雨、大暑、立秋、秋分、立冬など)や、

 七十二候(桜始開、牡丹華、梅子黄、大雨時行、寒蝉鳴、玄鳥去など)、

 五節句(七草、桃、端午、七夕、菊)

 がありますが、

 八十八夜は、季節変化の節目として、これらをさらに細かく規定した日の雑節のひとつです。

 雑節にはほかに、以下のような日があります。

 節分
 春彼岸
 入梅
 半夏生(はんげしょう)
 二百十日
 秋彼岸
 土用
 彼岸

 などです。

 いずれも、季節感たっぷりの日となっています。

八十八夜の意味

 八十八夜には、立春で春が来て、88日が経過して、まもなく夏がやってくるという意味があります。数日後は、夏の始まりとなる立夏になります。

 農家にとって、八十八夜は、農作業を始める日にあたってきました。気候が穏やかになってくるなかで、田畑を耕し、米や雑穀、野菜などの種をまきました。

 「八十八」の文字から、「米」という字を書くことができます。農家の人々にとって、八十八夜は秋の豊作を願う出発点の日となりました。この時期になると、農業に弊害となる霜も降りなくなってくることから、「八十八夜の別れ霜」という言葉もあります。

 八十八夜の歌から、八十八夜イコール茶摘みのイメージがあまりにも強いですが、八十八夜が、農家にとって大切な日だったことがわかります。

八十八夜の時の食べ物

 八十八夜の時の食べ物としては、特に、これと決まったものはありません。

 桃の節句と言えば、ちらしずしやひなあられ、
 端午の節句と言えば、柏餅

 ですが、それらに類する食べ物は、八十八夜にはありません。

 しかし、八十八夜と言えば、新茶の茶摘みが行われます。八十八夜には、末広がりで縁起のいいとされる八の字が二つ入っており、この日に摘んだ新茶を飲むと、「長生きできる」「無病息災で生活できる」とされています。

 新茶によく合う和菓子を楽しむと、日本の食文化の良さも味わえます。ただ、新茶と味わえれば、好きな食べ物でもいいでしょう。

あわせて読みたい
末広がりの言葉の意味とは? 縁起がいい理由は? 禅語「唯心」のように、プラス思考で末広がりを活かす

スポンサードリンク

八十八夜は2021年、いつ?

 八十八夜は、立春から88日目を指します。2021年の立春は2月3日ですから、八十八夜は5月1日になります。

茶摘みは

 「夏も近づく・・・」の歌を聞き、歌詞をよく読むと、野山で茂って来る若葉などから、季節の移り変わりが伝わってきます。

 茶摘みは年に3回行われます。八十八夜はこの中で、毎年4月下旬から5月下旬に行われる初めての茶摘みの時期にあたります。1番茶とも新茶とも言われます。

 2回目の茶摘みは、6月下旬から7月下旬にかけて、3回目は、8月下旬になります。

深むし茶 『八十八夜』 100g 産地賞受賞 『掛川産 掛川茶100%』 静岡掛川茶 深蒸し茶
2020年 産地賞受賞 茶和家 カテキンまるごと深蒸し掛川茶300g 送料無料

お茶の効能

 八十八夜の頃に摘まれる新茶は、香り、味がいいだけでなく、テアニンという旨み成分が多く含んでいます。

 手摘みの新茶は特に人気が高く、

 風邪をひかない、
 アレルギーに強い、
 リラックスできる、

 などの効能があります。生活習慣病の予防にもいいとされています。

 お茶が昔から、毎日の生活の中で、重宝され、愛されてきたことがわかります。

あわせて読みたい
お茶の出がらし茶葉を食べる 効果と、出がらし茶葉の再利用レシピは?

まとめ

 四季を示す言葉を意識しながら暮らすと、毎日の生活が豊かになります。入梅、半夏生、二百十日、土用、彼岸などとともに、八十八夜の意味を考えながら、生活したいものです。

関連記事広告