知のソムリエ  

知性を磨く 幸福と自由、独立のために

「読書」の記事一覧

執着しない、小欲知足、無分別の意味を知って生きる 「ためない練習」の感想から

  心を乱すことになるから、執着(しゅうじゃく)しない。欲を少なくして、足ることを知る(少欲知足)。分別は迷いの根源となるので、無分別に徹する。  密蔵院(東京・江戸川区)住職・名取芳彦さんの著書「ためない練習」(三笠書 […]

ショウペンハウエルの本の読み方は? 著書「読書について」の要約で学ぶ

 ドイツの哲学者アルトゥル・ショウペンハウエル(1788年-1860年)は、どんな本の読み方をしていたのでしょうか。著書「読書について」の要約から、おすすめの読み方を学んでみました。 ショウペンハウエルの本の読み方は?  […]

トーマス・エジソンのエピソードから学ぶべき点は? すごい発明の背景になったもの

 トーマス・エジソン(1847年-1931年)は、米国の「発明王」として世界で多くの人々に知られています。トーマス・エジソンのエピソードから学ぶべき点は何でしょうか。エピソードを探ると、すごい発明が生まれた背景がわかりま […]

ヘルマン・ヘッセ 繰り返し読む本を蔵書として持つ 心の財産にする 【偉人のスタイル】

 長編小説「車輪の下」などで知られるドイツの作家ヘルマン・ヘッセ(1877年-1962年)は、繰り返し読む本を蔵書として持つことを勧めています。気に入った本は2度、3度、4度、と読み込んでいく。読んで楽しみ、心の財産にも […]

ヘルマン・ヘッセの読書量に驚く ヘッセおすすめの本は? 禅と俳句を称賛 【偉人のスタイル】

 ドイツの作家ヘルマン・ヘッセ(1877年-1962年)の読書量にはいつも驚かされます。「ヘッセの読書術」を繰り返し読んでいますが、その本の中頃に出て来る「世界文学リスト」を眺めると、その思いを強くします。古今東西の90 […]

ハマトン著「知的生活」で、抜き書きの大切さを知る 【偉人のスタイル】

 イギリスの作家、P.G.ハマトンの著書「知的生活」(講談社学術文庫、渡部昇一、下谷和幸訳)を読むと、ハマトンが抜き書き帳を作り、丹念に抜き書きをしていたことがわかります。本の中にちりばめられた豊富な例がこの抜き書きに拠 […]

ノート作りの天才、レーニンに学ぶ 抜き書きとコメントで自分だけの書物を作る

 作家の佐藤優さんは、ソ連を作った政治家ウラジーミル・レーニン(1870-1924年)を「ノート作りの一番の天才」と称賛していますが、「知的トレーニングの技術」でも、著者の花村太郎さんが「ノートのとりかたはレーニンに学ぶ […]